楽器が演奏出来るってこういうことかな

2020/11/10作成

私、アラフィフになって突然にサックスを習い始めまして。これまでの人生で音楽には一切関わったことがなかったので、何もかもが全くの初心者の状態から初めて、何もかもが新鮮で楽しい毎日です。

それはともかく、こうして楽器を習い始めて、どうもこれまで外部から楽器が演奏出来るってこういうことかなと思ってたことが勘違いだったのかなということに気が付いたので覚え書きしておきます。この覚え書きも勘違いの可能性も高いですが。

私がこれまで思ってた楽器が演奏出来るってのは、楽譜が読めて楽譜の通りに演奏できることだと思ってたんですね。でもどうもそれって楽器が演奏できるとは言わなさそう。いや、楽譜が読めて楽譜の通りに演奏できるだけでも十分に立派で、現在の私はとてもそんなレベルには到達してないので、これもあくまでも想像でしかないんですけれども。

自分の身近な例に置き換えて考えてみましょうか。例えば日本語で書かれた文章があって、それを声に出して読めるかというと、読めます。文章が平易な内容であれば理解できますが、難解な文章であればとても理解できません。適当な例がうまく思い浮かばなくて日本語じゃなくなってしまいますが、般若心経を声に出して読めるかというと読めますが、何が書いてあるのかその内容はさっぱり理解できません。

楽譜が読めて楽譜の通りに演奏できるというのは、この般若心経を言葉通りに読んでるのと同じようなことではないかなと思ったわけです。楽譜の通りにただ演奏しても、そこには曲に対する理解は全くありません。曲の構成がどうなっているのか。コード進行がどうなっているのか。作曲者がどういう意図を持って曲を作ったのか。演奏者はそれをどう読みとって演奏するのか。そういったことは一切無くても出来るのが、楽譜が読めて楽譜の通りに演奏出来るということではないのかなと思ったわけです。

文章を用意しなくても、私は日本語では考えたことをその場で話すことが出来ます。そこで次は何という音を発声しなければならないかとか意識することはありません。思考から言葉、発声へは全くの無意識で行われます。楽器が演奏出来るというのは、楽器で自分の思考や感情を無意識に演奏できるという状態をいうのではないかなと思ったわけです。

現在の私はサックスで楽譜の通りに演奏することすら出来ないわけですが、楽譜の通りに演奏できるようになったとしても、その先には見上げるばかりの高い壁が待っているのだなぁということに、今ようやくに思い至りました。以前20時間の法則で、短時間の練習で技能は習熟できなくても、プロのすごさが実感できるようになるというようなことを書きました。私はサックスについて、ようやくその20時間の域に到達できたのかなと思います。今の年齢からでこの先どこまで自分が上っていけるのかわかりませんが、一歩でも先に進めるといいなぁと思います。

(2020/11/13追記)

楽譜の通りに演奏できることが悪いことのようにも読めてしまうので補足。当たり前だけど、そんなことはありません。

また違うたとえ話をしますが、絵を描くことにおける模写に相当するんじゃないかと思うんです。楽譜通りに演奏するってのは。模写が出来るだけの人を絵描きとは言わないとは思いますが、だからといって模写がダメなわけではありません。絵が描けるようになるための重要な練習であることは間違いありません。だから、楽譜通りに演奏することも、それはそれで重要なステップなんだろうと思います。守破離の守に当たると言えるのかもしれません。

また、プロとして活動するならともかく、趣味として楽器を演奏するのであれば、楽譜通りに演奏するのでも全く問題ないでしょう。趣味ですから、当人が楽しいかどうかが一番大事なことです。当人がそれで楽しいなら、外野の誰かが文句を付ける筋合いがあることではありませんね。そもそも、楽譜通りに演奏するだけでもとても楽しいものですし。