トレーニング日記:2007年6月

2007年6月2日:筋トレ

腹筋50回背筋50回腿上げ2分を4セット。

2007年6月3日:筋トレ

普段なら荒川ランの日曜日ですが、左足踵に軽い痛みがあるので自重して筋トレ。腹筋50回背筋50回腿上げ2分を4セット。

ちなみに、なんで踵が痛いかと言うと、理由は多分土日続けて一日中子供と出かけて遊んでたから。たかがそれくらいでと思われそうですが、相手は幼児なんで結構大変。おまけに帰路は疲れて寝てるんでずっと抱っこ(体重14kg)だし。

回復すれば明日代わりに荒川走ってきます。Nike+iPod買って、まつまさに20kmチャレンジに誘われたんだけど、未だに1メートルも走ってないのはそろそろいかんような気がするし(^^)。

2007年6月4日:荒川河川敷

踵の痛みは1日休んだら回復したんで、昨日の代わりに荒川河川敷。まだ早いような気もするけど、今の時点の体力が気になるんでチェックで10kmタイム測定をしてみることに。

走る前は当然ストレッチ。そのあと、すっかり忘れていた八の字ランとラインウォークも。久しぶりにやると、どっちも足の個々の筋肉に力が掛かっているのがよくわかるな。以前は全然感じ取れなかったのに。なんで急に感じ取れるようになったんだろ。面白いけど、ちょっとフシギ。

いつもの河口から13km地点まで徒歩で移動してスタート。例によって腰高と腕振りを意識しながら走ってみる。ペースも先週の5分30秒の積りくらいでちょっと無理目で頑張ってみる。スタートから3kmを過ぎた辺りで早くもちょっと疲れてくるけど、それでも頑張って走る。

河口から17km地点を過ぎて、以前はずっと工事中で迂回路だったところの工事が終わってた!いや、終わってはないんだけど、とりあえず道は続くようになってた。おー、これは嬉しい。もしかしてと期待して探してみたら......おおー河口から18km地点の道標があるやん。ラッキー。ここで折り返せば13km地点がゴールになる。以前は19km地点で折り返して15km地点をゴールにしてたから、帰宅するのにゴールから2kmも歩いてたんよね。これで歩かんで済むのは凄い助かる。厳密には以前と走っているコースが変わるからタイムの比較が出来なくなるんだけど、まあそれはいいでしょう。これからは、このコースで走ればいいんだし。

折り返してスタートから6kmを過ぎたあたりから、かなりしんどくなってくる。正直、歩こうかなぁってくらいに思うんだけど、足はそれなりに言うことを効いてしっかりキックできてる。これはこれで筋トレの効果と言えるんかな。一方、腹筋や二の腕は結構きつくて、上半身のバランスがちょっと崩れてくる。もちろん、この頃には腰高なんて言ってられん。毎日筋トレしているのに、まだ足らんかぁ。もちろんそれもあるだろうけれど、一方で筋トレでの腹筋の使い方とランニングでの使い方の違いなんてのもあるんじゃないだろうかね。筋トレでベースの筋肉を作って、ランニングで使い方の幅を広げるような鍛え方をすればいいんじゃないだろうか。

最後は結構ヘロヘロな感じだけど、それでも一応走りながらゴール。暗いんで道標がなかなか見つからず、まだかまだかと探しながらだったけど。終わりが見えないってのは精神的にきついね。

んで、タイムは54分17秒。2月25日のタイムが54分39秒だったんで、少しだけとはいえ縮まったのは嬉しい。3月4月5月とまともに走ってなかったのに、それでもタイムが維持できて縮められたということは、筋トレとスポーツクラブのトレーニングがそれなりに正しいということが証明されたわけでもあるし。

一方、Nike+の測定距離は10.16km。結構距離が正確なんかな。タイムは54分38秒。iPodをウェストバッグに出し入れする時間の分だけ、こっちのタイムは長いのな。

スプリットタイムは
1km 5分15秒
2km 5分13秒
3km 5分15秒
4km 5分13秒
5km 5分16秒
6km 5分17秒
7km 5分28秒
8km 5分34秒
9km 5分38秒
10km 5分23秒
でした。

6kmを過ぎてからガクっとタイム落ちてますね。走っている間の実感とも一致します。それでも5分30秒台で走れるなんてのは、以前の私に比べれば随分な進歩なわけですけれど。ペース配分はイーブンペースが理想と言われるけど、でも完全なイーブンだと余力が残っているかもしれないわけですよね。かといって後半落ち込みすぎてもいかんわけで、実際のところはこれくらいの落ち込み方が実力を出し切った状態なのかもしれんと勝手に自画自賛(←おい)。

心配な右膝ですか、走っている間はさらの下あたりがじんじんとした違和感を少し感じていたんですが、走り終わったあとは特に何もなし。もちろん、水シャワーでアイシングして湿布してとケアはするんですが。別の個所として、帰宅して風呂に入っている時に左すねがつった。なんで左すね?と思ったけど、記憶を振り返ってみると、去年の秋のヒロシマMIKANマラソンのあとも左すねが痛んだことがあったな。結局、ボディバランスが悪いということになるわけだけど。結構筋トレして肉体改造が出来てきたとおもったんだけど、まだまだかねぇ。現状を知るために、久しぶりにボディバランス測定に行ってこようかな。

2007年6月4日:トレーニングと日常生活

昨日子供の相手をして疲れたんでトレーニングを休んだわけですが、1日経ってちょっと考え直して思ったところをメモ。

昨日、一昨日はどちらもちょっと遠くの公園まで遊びに行った事もあり、移動量は結構なもの。公園でも子供を始終追い掛け回すから、その運動量もかなり。万歩計付けていたわけではないから実際にどれくらいの運動量かは分かんないんだけど、疲労や筋肉痛の具合から考えて普段のトレーニングと同等か多かったのは確かだと思う。もしこの状態で「決めたことだから」といつもと同じメニューのトレーニングをしていたら、オーバーワークですよね。下手すりゃ故障へ直行。

生活の全てがトレーニングのみで成り立っている専業ランナーは多分こんなことを考える必要はないと思うんですよ。でも、一般市民ランナーは普段の生活にプラスしてトレーニングをしている。普段の生活がデスクワーク中心でほとんど体を動かさない人でも、昨日の私のように日によってはかなり体を動かすこともある。こういう日はトレーニング量を減らしたり休養日にしたりしないとまずいんじゃないかなぁ。体は一つなわけだし、普段の生活+トレーニングを合わせたものが総体としてのトレーニングになるわけだし。

なんつうか、こういう話って今まであまり聞いたことがなかったけど、それってかえってフシギよね。ランナーズとか読んでても「積極的な休養日はともまく、とにかく毎日決められたメニューをこなしましょう」的なのりで書かれていますよね。でも、上記のことをうまく考え合わせないと危険じゃないかなぁ、と。もっとも、普段の生活でこなす運動量ってどれくらいか定量的に測りにくいから、トレーニングをどれくらいに調整したらいいかも難しいんだけども。

2007年6月7日:スポーツクラブじゃなくて荒川河川敷

ものすごい久しぶりにスポーツクラブに行ったんですが、久しぶりすぎてウェアを持っていくのを忘れ断念。つか、間抜けすぎ(^^)。仕方がないんで帰宅して着替えて荒川ランに切り替えました。日曜に走ってから膝の調子がいいんで、大丈夫かなぁと思いまして。

とはいえ、前回10km走ったときは6?7kmあたりから膝に軽い違和感も出てきたんで、その辺りが多分今の限界距離なんでしょう。だから、しばらくは1回の走行距離は7kmまでに押さえることにしました。

ストレッチして八の時ランとラインウォークのウォーミングアップをしてから走り始め。もちろんNike+iPodもいっしょです。ペースはキロ6分程度の積りで7km。特に問題なく走り終えました。

走り終えてタイムを確認したところ38分28秒。キロ5分30秒ほどか。思ったより速いな。

一方、Nike+で計測したラップタイムは、
1km 5分31秒
2km 5分28秒
3km 5分27秒
4km 5分20秒
5km 5分26秒
6km 5分22秒
7km 5分18秒
と結構なペース。

なんか10kmタイム測定とそれほど変わらんという気がせんでもない。いったいどうなってるんだか。

2007年6月8日:スポーツクラブ

今日こそは随分と久しぶりのスポーツクラブ。ウェアを忘れず持っていって、トレーニングしてきました。クロストレーナー60分(負荷5、100spm)、腹筋30回、背筋30回、バックプルダウン(29.6kg)30回。

だいたい問題なくこなせたんだけど、バックプルダウンだけ20回過ぎたあたりから力が全然入らなくなって、最後は無理やりやって30回だった。10日近く間が空いたわけだから、衰えもするか。

2007年6月9日:筋トレ

腹筋50回背筋50回腿上げ2分を4セット。

2007年6月10日:荒川河川敷

日曜ということで恒例の荒川河川敷。昼間に結構激しく雷雨があったんで天気が心配だったけど、私が走る夜には雨も上がって一安心。河川敷と言っても走るところはアスファルト舗装だからぬかるみの心配もないし。

荒川に着いてストレッチ、八の字ラン、ラインウォークのウォーミングアップをして走り始め。ペースはもうよくわからんので一定を心がけるだけで足に任せて走ってみる。河口から16km地点で折り返して、トータル7km。タイムは37分58秒。木曜より30秒ほど速いですな。別に速く走った積りはないんだけど。一方、Nike+iPodでのタイムは38分7秒。

ラップタイムは
1km 5分47秒
2km 5分25秒
3km 5分24秒
4km 5分23秒
5km 5分31秒
6km 5分17秒
7km 5分37秒
とかなりバラバラ。ペースを守った積りだったんだけど、意外とそうではなかったなぁ。

なお、今日のランでまつまさの作ってくれた「3人で一緒に20km」というチャレンジがようやく達成。たった20kmなのに2週間も掛かってしまいました。

ところで右膝。6kmを過ぎたあたりで軽い違和感が出た。走り終わった後もしばららくは違和感が残ってたんだけど、しばらくしたら消えた。だいぶ回復しているのは確かですが、まだまだ油断はできないですね。

2007年6月11日:筋トレ

腹筋50回背筋50回腿上げ2分を4セット。

2007年6月12日:筋トレ

腹筋50回背筋50回腿上げ2分を4セット。

2007年6月13日:筋トレ

腹筋50回背筋50回腿上げ2分を4セット。

ここんところスポーツクラブに全然行けてません。仕事が忙しくて……のは所詮は言い訳ですよね。せめてもということで筋トレしてますが、それだけじゃどんどん体力が衰えていくんよなぁ。

2007年6月15日:荒川河川敷

通例だと昨日が荒川ランなんだけど雨だったんで今日に順延。河川敷についてストレッチ、八の字ラン、ラインウォークと準備運動して走り始め。

ぼちぼち走ってたんだけど、どうも体が重い。疲れてんのかな?とも思ったけど、よくよく考えると夕食のあとすぐだった。多分、胃の中に食べ物があって消化中だからやな。いかんいかん。そのおかげか腕もしんどいし上体もいまいち安定しないバラバラな感じで走る。当然ペースも一定せずで、予定の7kmを終了。

と散々なつもりだったんだけど、タイムは37分35秒だから10日(日)より更に縮まってる。そんな積りはなかったんだが。つーか、今は早く走る積りは全然ないんだけど。下手にペース上がって負荷が高くなって故障しても困るし。ペース管理って難しいなぁ。

Nike+によるラップタイムは、
1km 5分14秒
2km 5分18秒
3km 5分22秒
4km 5分27秒
5km 5分29秒
6km 5分29秒
7km 5分48秒
という感じ。なだらかーに遅くなっていってますな。

2007年6月17日:筋トレ

腹筋50回背筋50回腿上げ2分を4セット。

2007年6月18日:荒川河川敷

今日も夕食後に荒川ラン。河川敷についたらいつものようにストレッチ、八の字ラン、ラインウォークをやってから走り始め。

いつものようにフォームを少し意識しながら自然に足が動くペースで走るんだけど、やっぱりペースが速くなりぎみなんかな。それもあってか、後半は上体が疲れてきてフォームが崩れてくる。特に腕振りが明らかに左右対称じゃない!!たった30分も持たないなんて自分の体力の無さにあきれ果ててしまいますな。ペースアップしたほうが崩れたフォームを建て直しやすい感じがするので、後半は気がついたらちょっと加速ばっかり繰り返してました。それはそれでよくないんだろうけれど、一方崩れたフォームで走るのもよくないんだろうし。どうしたもんだか。

いつもの7kmを完走してタイムは36分22秒。更に1分以上も短縮してる。タイムが速くなるのは嬉しいけど、それによって膝に過大な負荷が掛かってまた故障したらいやだなぁ。自然なペースで走るのはやめて、意識して遅くして走ったほうがいいのかも。

一方、Nike+によるラップタイムは
1km 5分15秒
2km 5分17秒
3km 5分20秒
4km 5分18秒
5km 5分16秒
6km 5分11秒
7km 5分23秒
でした。最後がちょっと落ちてるけど、それでも5分30秒をはるかに切ってるわけだから、以前に比べれば速くなったもんだ。

2007年6月18日:右膝は一応完治したかな

整形外科に電気ビリビリに行かなくなって随分と経ちます。この間、右膝に痛みや違和感が出ることも基本的になくなってきました。ランのあとだけは念のためもあり、整形外科でもらった消炎鎮痛剤と湿布を張っていたのですが、これも16日で貰った分がなくなりました。

油断していい気になっているとまた再発するのは当然なんですが、とりあえず現状としては症状がほぼ出なくなったことだし、一応完治していいのかなぁと思います。

それにしてもここまで長かった。一番最初に発症したのは2005年12月だから1年半前。痛みが出るのと収まるのを何度も繰り返し、その間まともに走るトレーニングも出来ず。いったい何をしてたのやら。それでも、この故障のおかげでいろいろ学んだこともあるから全く無駄だったとは思わないけれど、それでももうちょっと早くに真面目に治療に取り組んでいたら、もっと早く完治してたんじゃないかと思うと、自分の間抜けさ加減にあきれてもしまいます。

2007年6月19日:筋トレ

スポーツクラブに行く積りだったんだけど、右膝に痛みがあるような気がしたので、大事をとってお休み。その代わりに自宅で筋トレ。腹筋50回背筋50回腿上げ2分を4セット。

完治したかも、とか書いといて1日でこれかよ。

2007年6月20日:筋トレ

今日も自重して自宅で筋トレ。腹筋50回背筋50回腿上げ2分を4セット。

スポーツクラブを自重するくらいなら荒川ランを休めばいいんだけど、それはできないのはNike+の悪影響やなぁ。トレーニング効果なんて無視で、とにかく距離と回数を踏むのが目的化してしまうという。根本的には自分の意志の弱さの問題なんだけど、そうそう簡単に克服できるようならとっくにサブフォーなわけで。悩ましい。

2007年6月22日:荒川河川敷

診察の結果が大丈夫だったので、すぐにその気になって夕食後に荒川河川敷に。ストレッチ、八の字ラン、ラインウォークのウォーミングアップのあとに、いつものように7kmラン。

今日はとにかくペースをゆっくりにすることを意識してみたんだけど、結果タイムは36分58秒。18日よりは遅くなったけど、たいして変わんないね。遅く走れないのは走力の無い証拠だそうだから、そんだけ未熟ってことだよねぇ。だいたい、キロ5分30秒のペースだったらフルマラソンなんて到底完走できないんだから、せめてキロ6分のペースは習得しないとなぁ。

Nike+によるラップタイムは
1km 5分41秒
2km 5分30秒
3km 5分28秒
4km 5分30秒
5km 5分23秒
6km 5分28秒
7km 5分36秒
とまあぼちぼちいい感じ。

ただ、ちょっと問題なのは走行距離が6.65kmとなっていること。全く同じコースを走っているのに、日によって誤差がありすぎ。7kmで400mの誤差だから6%弱といったところ。加速度センサだからそんなもんと言えばそれまでなんだけど、一方これでは計測機器としての意味はちょっと薄くなってくる。あくまで参考程度に留めないと、Nike+によるタイムをあまり気にしすぎてもいかんなぁ。正確を期すなら、やはりGPSじゃないとだめか。

2007年6月22日:診察と電気ビリビリ

1日に一度くらいとはいえ、右膝に軽い痛みがあるので、整形外科に行って来ました。診察の結果、腫れはないので大した事はなさそうでしたが、念のために湿布を出してもらい、電気ビリビリも。

つくづく、簡単には完治しないというか、走る限りずっとついて回るんでしょうかねぇ。これって。

2007年6月23日:筋トレ

腹筋50回背筋50回腿上げ2分を4セット。

腕振りがキツイから、そろそろ腕の筋トレも追加したいところ。

2007年6月23日:やっぱり右膝痛

うーん、やっぱダメっぽい。凄い痛いってほどではないけど、右膝に軽い痛みは出てる。こりゃ確実に昨日荒川を走ったのが直接の原因やね。遠因としては、週2回ペースのランというのに、まだ私の膝が耐えられなかったというところか。とりあえずランのペースを下げて、しばらくはまた電気ビリビリに通うことになるでしょう。

せっかく治ったと喜んだのもつかの間。まあ、せめてのも救いは、以前よりも確実に軽度な症状であると言うこと。そんだけ自分自身の痛みのセンサーも鋭くなってきてるんだろうということもあるんだと思います。もう1年半も付き合ってる症状ですしね。

それにしても、週2回のランすらできんとなると、トレーニングメニューをなんとかしなきゃなりませんな。ホノルルマラソン2007まであと半年切ってるというのに。現実的なところとして考えられるのは水泳ですが。近所にプールは無いんよなぁ。北千住にはあるけど、ちょっと遠い。でも、遠いとも言ってられんかね。

2007年6月25日:筋トレ

腹筋50回背筋50回腿上げ2分を4セット。

2007年6月27日:筋トレ

腹筋50回背筋50回腿上げ2分を4セット。

2007年6月28日:筋トレ

腹筋50回背筋50回腿上げ2分を4セット。

2007年6月29日荒川河川敷

この1週間、ずっと湿布を貼り続けていた効果もあってか、右膝の痛みはほぼ解消しました。もちろん痛みが無いから完治したわけではないのですが、状態が随分良くなったのは確かでしょう。

というところで、今の状態でどれくらい走れるかを確かめるためにも、久しぶりに荒川河川敷。夕方から結構激しい雨が降ってたんですが、夜には一旦やんだので、夕食後に走って来ました。

荒川についてストレッチをしながら、そういえば今日は月末だなぁと気が付き、急遽10kmのタイム計測をすることにしました。ストレッチ、八の字ラン、ラインウォークのあと、河口から13kmのいつもの地点に移動してスタート。ところで今日は久しぶりでうっかりしていて、腕時計を持ってくるのを忘れました。今更取りに帰るわけにもいかないし、iPodで測定するしかないですねぇ。Nike+の距離計測はアバウトですけど、流石に時間計測は正確でしょうし。ということでスタート。

そろそろ10kmで50分のタイムを目指したいところなので、前半ちょっと無理目のペースで走り始める。気持ちとしてはキロ5分。実際のところはどうか知らんけど。このペースで全部走りきるのは無理かもしれんけど、どこまでそれが持つかなぁというところが今日の興味。

折り返しの18km地点でiPodを見たところ26分30秒。あら、全然キロ5分とちゃうやん。それでもぼちぼちのペースで、このペースを維持できれば53分で一応記録更新になるかなと期待。

が、いつまでもそのペースが持つはずも無く、段々ペースが落ちてくる。ペースが落ちるだけならまだいいんだけど、ちょっと気分も悪くなって……。心拍数がかなり上がってたし、多分顔色もかなり悪くなってたんじゃないだろうか。ほんとならそこで走るのを止めるべきだったと後で思うんだけど、タイム計測をしているから、止めたくないわけで。どんどんペースは落ちて、最後は這うようにという表現が合いそうな感じでゴール。タイムは56分30秒。全然ダメですな。

ラップタイムは、
1km 5分26秒
2km 5分19秒
3km 5分25秒
4km 5分22秒
5km 5分35秒
6km 5分42秒
7km 5分45秒
8km 5分59秒
9km 6分9秒
10km 6分22秒
と散々なところ。前半もキロ5分なんて全然出せてませんなぁ。

今日は無理しただけで結局成果はいまいち。ただ、無理した状態の体験が出来たのは収穫ではあるな。次回からはしっかりと休む勇気をもとう。それと、やっぱり心拍数は管理したほうがいいのかも。今日の状態がひどくなれば、いきなり倒れるなんてパターンもありえないわけじゃないし。


あおやぎのさいと2.0 ホノルルへの道