「本当にやりたいこと」のウソ

2012/8/8作成

以前もどこかで書いたような気もするけれど、まあいいか。

最近とあるところで「本当にやりたい事を探している」という話を聞きました。似たような言説に「本当の自分らしさ」とかもあると思いますが、私はこうした言葉はほとんどの凡人にとって有害だと思っています。夢をあきらめるとかあきらめないとかで書いたことにも通じるところもあるのですが。

まず大前提として、ほとんどの凡人には「本当にやりたいこと」なんてものは存在しないんだと思うんですよ。そこまで強く思い入れられることが見つけられるというのは、すでに凡人ではない。例えば今はロンドンオリンピックが開催されていますが、オリンピックに出場するくらいの人は「本当にやりたいこと」をやっているんじゃないかと思います。人生の大半をその競技に掛けているでしょう。ではほとんどの凡人の人は、彼らと同じくらいに「自分のやりたいこと」に対して真摯に取り組んでいけますか?多分出来ないでしょう。出来ないことは別に恥じることではないんです。それが普通ですから。オリンピック代表選手の方が特殊なんです。そこまで強く夢を見て、自分を厳しく律するというのは並大抵のことではありません。

だからですね、凡人は「本当にやりたいこと」なんてのを探す必要はないんだと思うんです。ほどほどにやりたいと思うことを見つけて、ほどほどに取り組んで、ほどほどの人生を送る。なんだか夢の無い話のような感じがしますが、それくらいに身の程を知るというのは処世術としてそれほど間違っていないと思うんです。

いや、それでも「俺はこれに人生を掛ける!たとえ失敗しても本望」と本気で思えるなら、それは別に構わないですよ。あなたの人生ですから、好きにすればいいんです。私が気にしているのは、他人に対して「本当にやりたいことを見つけましょう」と気安く勧めている大人の方です。そういう人は罪深いと思います。

繰り返しますが、ほとんどの凡人にとっては「本当にやりたいこと」なんてものは見つけられないし、それにたいして人生を掛けて取り組むほどの努力にも耐えられません。それなのに「本当にやりたいことを見つけましょう」なんて言われたら、終わることの無いループにはまり込んで抜け出せなくなってしまい、それこそ人生を浪費してしまうことになってしまうでしょう。そんなことに時間を浪費するくらいなら、ほどほどのところで見切りをつけて人生を楽しんだ方がいいんじゃないかと私は思うんです。

もう一つ、「本当にやりたいこと」の危険なところは、努力していない現在の自分に対する免罪符として機能してしまうところです。今は「本当にやりたいこと」を見つけていないから真摯な努力も出来てないので、さえない人生を送っている。しかし、自分が本気を出せば凄いことが出来るはずだ。本気を出すための「本当にやりたいこと」を見つけられていないだけだ、と思い込んで人生を無為に過ごしてしまう危険性。そんな青い鳥はどこを探したっていません。

ということで、凡人は「本当にやりたいこと」なんて言説には惑わされないようにするのがいいのではないかと私は思います。


あおやぎのさいと2.0 トドの日記2.0