HDDはオワコン?

2012/3/18作成

HGSTの3.5インチHDD生産設備、東芝が取得へとかを読んでいて「なんかHDDの先行きってあんまり明るくないのかなぁ」とか思っていたところに、http://twitter.com/#!/ProfMatsuoka/status/181191762465923073というのを教えてもらってちょっとショックを受けてたりする今日この頃です。SSDでペタバイトクラスですってー!?

意味のある比較になるか分からないけど、ともあれ庶民として分かる範囲のデータということでAKIBA PC Hotline!HDD/SSD最安値情報【 調査日:2012年3月15日 】でちょっと計算してみよう。

まずHDD。ビット単価が一番安いのは「WesternDigitalのWD Green 3.5inch 5400rpm 2.5TB 64MB SATA3.0 WD25EZRX(2.5TB,64MB)」。1台\10,980。ペタバイトということで400台購入したら\4,392,000。あれ、意外と安いな。もっとべらぼうな金額になるかと思ったのに。

次にSSD。ビット単価が一番安いのは「その他6Gbps対応SSD (120〜128GB,MLC)」。1台\9,980。これを8000台購入したら\79,840,000。おや、これも意外と安いな。8千万払ってTsubameのパフォーマンスが何割かでもアップするんだったら、十分ペイできると言えるんじゃないだろうか。実際には大量導入でディスカウントもあるだろうし。

冒頭のスラドのストーリーには「ビッグデータがあるからHDDの優位は揺るがない」というコメントもあったんだけど、確かに価格差はあるもののこのくらいの値ごろ感だったらSSDに乗り換えられてもおかしくないんじゃないかな。少なくともハイエンド系の用途では。HDDの優位を語るビッグデータだけど「HDDでは遅い」という致命的な問題があるわけだし。

ということで、どうやらHDDはオワコンのようですと勝手に結論付けてみたりして。まあ実際にどうなるかはわかんないんだけどねー。

(2012/3/21追記)

「SSDはHDDに比べると信頼性が劣る」という指摘をもらいました。確かにそれはそうですね。その点で考えると、まだまだHDDにも優位性があるでしょう。

でも、それからさらにつらつらと考えていたんですが、HDD/SSDの信頼性って、1台しか入っていないパソコンとかだと「壊れた」「壊れてない」の2値しかありません。運悪く「壊れた」にぶち当たるとデータは吹っ飛びますから大変困ります。困らないためにはこまめにバックアップをとらないといけなくて、それはそれで大変な手間です。

しかし、これがエンタープライズ用途だとどうでしょう。このような用途では冗長化しているのが普通ですから、ディスクの1台や2台が壊れたところでデータが吹っ飛ぶことはありません。壊れたら、そのドライブを交換すれば元通りです。この交換の手間と代替ドライブのコストがかかるのが問題という程度でしょう。ということは、エンタープライズ用途では信頼性はコストに還元できるわけです。

ディスクドライブのコスト指標としてビット単価というものがありますが、信頼性を加味するとビット時間単価とでもなりますでしょうか。1TBのデータ領域を1年間使用できる状態を維持するのにかかるコストが1万円とかそういう感じになると思うのです。

例えば、同じ容量のディスクドライブで、HDDは5年で故障して、SSDは1年で故障するとします。購入コストが同じなら、ビット時間単価はSSDはHDDの5倍ということになります。あとはこのコストが得られるパフォーマンスに見合うかどうかという単純な話になります。そして、FacebookやTSUBAMEではSSDの方がビット時間単価が安いという判断を下したということなのでしょう。

繰り返しますが、冗長化されていないパソコンなどでは信頼性はそれ自体が重要なファクターになります。しかし、RAIDなどで冗長化されたシステムにおいては、信頼性はコストに還元されていますので、コストが見合うかどうかだけで評価されます。今後SSDのビット時間単価がHDDに迫っていくにつれ、エンタープライズ用途ではHDDからSSDへの移行が進むのではないでしょうか。


あおやぎのさいと2.0 トドの日記2.0