おわりに

2007/12/31作成

これでもう二度と更新しないというわけではないのですが、2007年の目標だったので年末で一旦締めのエントリーを残しておきます。(実際に書いているのは年が明けてからなんですけどね)

2007年の目標として幅広い分野の本をとにかく読むというのを掲げました。具体的にはBOOKOFFの100円棚から、価格を気にせずとにかく気になったタイトルの本を選んで買って読んでみると。「はじめに」には書いてませんでしたが、実は冊数にも一応のノルマを設けていて月に5冊、年間に60冊としていました。

で、その結果ですが、一応それなりに幅広い分野の本には目が通せたかなとは思います。この企画を思いつかなければ多分手にしなかったであろう本を手に出来たのは大きな収穫だと思います。多少なりとも自分の好奇心を掘り起こせたのは成果としてあったでしょう。

次に冊数ですが、トータルで55冊と残念ながらノルマには達しませんでした。年の前半はわりといいペースでノルマを達成出来たのですが、夏から秋にかけてがっくりと量が減ったのが響いて、年末に向けてのラストスパートでも残念ながらトータルノルマの達成には至りませんでした。まあ60冊が55冊になったところでだからどうしたということなんですが、自分で掲げた目標に達する事が出来なかったのは、やはり残念。

読書自体とは別にこのブログで実験してみたかったアサマシエイトの効果ですが、これが笑ってしまうくらいに売れませんでした。売上ゼロです。まあ、当たり前と言えば当たり前ですけどね。額が少ないとはいえ、多少なりとも収益のあったAdSenseの方がまだマシです。ただ、クリック自体はそれなりにされたんですよね。意外なことに。だからアクセスを増やせれば、多少は売れるのかもしれません。

このブログに感想を書いていて思った事。自分にとって読書というのは、特に今回選んで読んだノンフィクション系の読書というのは、本から知識自体を得る事よりも、本の内容から派生して自分の思考を巡らせることなんだなぁということ。と言ってもそんなたいした思考ではないんですけれども。だから「はじめに」にも書評ではないと書きましたが、実際にも全然書評になっていない。下手すりゃ感想にすらなってない。本を読んだ事をキッカケに自分で考えた事のメモになっている。だからどうしたという話なんですが、実際にそれを実践して結果として得られた事はそれなりに面白かった。

ということで、1年間に55冊の本を読んだ記録でした。買いためた本はまだ何冊か手元に残ってますし、今後もBOOKOFFの100円棚はおおいに活用すると思いますので、ここもまだ更新するかもしれません。読書後に思考メモレベルであっても書いてまとめるというのはそれなりに面白いことだったし。ただ、書いてまとめる事自体が多少は負担でもあったので、2007年に読んだ55冊のように読んだ全てについて書き残す事はもうしないかもしれません。


あおやぎのさいと2.0 BOOKOFFで100円