電力自由化と転売屋

2021/3/21作成

「電気代8万円、ぎゃー」利用者衝撃 新電力料金急騰、想定外 背景にLNG不足

電力自由化って言葉は聞いて知ってるけど、自分が特に気にしてなかったのでよく理解してなかった。基本的には小規模な発電設備を持ってるところでも電力会社に成れるってことかなと思ってたけど、このニュースによると他者から電力を調達して転売するだけの業者もあるのね。

こういう転売業者の場合、原理的は他者から仕入れたものに利益を上乗せするわけだから、仕入れ元よりも値段は高くなります。手厚いサポートなどの付加価値を付けるか、大量仕入れで安く仕入れて安くするとかってのが主な戦略ですよね。私も利用しているMVNOも同じ。キャリアから仕入れた回線を転売してるだけ。そういう業者の存在は市場の流動性を高めるという意味で存在価値はあるとも言えるだろうけれど、本質的に転売屋であるという点で、あんまり存在価値を感じないなぁって感じてしまうのは私の考え方が幼すぎるんですかね。実際自分でもピュアだなぁと思うわけですが。

昨今非常に問題になってる転売屋は、自分たちは商社と同じことをしてると主張してるそうですね。もしくは問屋も同じようなものですが。ただ、商社や問屋って普通には入手できない物を仕入れてるんですよ。そこに価値がある。地球の裏側にいって鉱石を仕入れてくるなんて商社じゃなくちゃできません。普通の人がただ単に買い付けにいっても相手にしてもらえないか騙されるだけ。運良く契約してもらっても実際に品物が届くかどうかなんてわかったもんじゃない。生産に必要な量を確保できるかもわからない。そういったことを全部面倒見てくれるのが商社。問屋は、メーカーは大量に存在する小売店との取引をとりまとめてくれる。最近はメーカーも大手小売店とは直接取り引きしますし、なんならECサイトで小売りも行ってたりするので、問屋の存在価値はだいぶ下がってきてますけどね。つまり、商社や問屋は普通には入手できない物を入手できるようにするという付加価値を与えている。

一方、転売屋は普通の人が普通に手に入れられるものを先回りして入手して利益を上乗せして転売してる。なんら付加価値を生み出してないわけですね。市場の神の手としては存在する意味はあるかもしれないし、転売屋を法律的に禁止するのは自由市場にとって大きな驚異ではあるけれど、現状では転売屋は市場を崩壊させる方向に働いているので、市場を制限する方向で規制を強化するしかないのかなぁって気がします。

(2021/3/21追記)

ところでそもそもの電力自由化の話。小規模な発電事業者も市場に参加できるようになったのは基本的にはいいことかなとは思うんですが、そんな電力会社も送電網は既存の電力会社に依存してるわけですよね。というようなことを考えると、発電と送電の事業を分けてしまうのが理想なんではないかなぁって気がしますね。実際にそういう議論もあったような気がしますが。

同じようなことは通信網にも言えて、電話会社が複数存在しますが、結局みんな出口はNTTの回線網に依存してるわけで、ならこれも上下分離すればよかったんじゃないかなぁと。実際に議論される中でそれぞれの方式にメリットデメリットがあって、総合的に判断されたんだろうなとは思いますが。