マンガ図書館Zにはまり中

2020/6/20作成

ここ最近、毎日のようにというか実際に毎日マンガ図書館Zを利用しています。利用を始めて2週間ほど経ったので、ここらで一旦感じたことをまとめてみようと思います。

そもそもで言うと、Jコミと言っていた時代からマンガ図書館Zの存在は認識してたんですが、実際に自分が利用することはほとんどありませんでした。何度か試しにアクセスしてみるのですが、すぐに飽きてしまうということを繰り返していました。そこに変化が現れたのは、一つはコロナ騒動。連日SNSやニュースでヘイトツイートが山盛りやり取りされてて、それを眺めていてメンタルがかなりやられてしまいました。こんなしんどいものは見ない方がいい、そんな時間があったら本を読んでた方がよっぽどいいなと思いいたりました。スマホで無料コミックサイトはいくつかありますので、それを利用すれば無料で本が読めますね。もちろんここで違法サイトは選択肢には入りません。合法で、作者が運営者さんがちゃんと正当な報酬が得られるサイトがよろしいです。ということで、マンガ図書館Zを思い出したというわけです。もう一つは、「連ちゃんパパ」が話題になって、興味を持って読んでみたことですね。

簡単にマンガ図書館Zのシステムを紹介しておきます。掲載されているのは基本的には絶版になったマンガ。なので、まあ言ってはなんですが少し古めの作品が多いです。イメージとしては1960年代70年代あたりの作品が多いのかなと思ってたのですが、意外とそうでもない。もうちょっと最近の作品もありますね。もちろん最新の人気作が読めるわけではありませんが。Jコミ立ち上げ時には赤松健先生が自身の代表作の一つである「ラブひな」をわざわざ絶版させて掲載したわけですが、そこまでの人気作は流石にほとんどない。でもパッと見たところでも例えば「ドラゴン桜」とかが掲載されてるのはどういう経緯なんだろう。最近の作品ですしまだまだ人気あるでしょうから絶版になるような作品とは思えないんだけども。ほかにも、ちょっと懐かしい作品に出合えてびっくりしますし、とても嬉しかったりもします。

読むのは基本的に無料ですが、ハートというシステムがあります。作品にはハート読みとハート無しがあります。ハート読みの作品は1ページ読むのに1ハート消費します。ハートは毎日100ハート補充されますので、1日100ページまでなら無料で読めます。連続ログインボーナスとか、都度広告視聴での補充とかもありますけれど。それ以上読みたかったらハートを購入するわけですね。マンガアプリでよくある方式ですね。ハート有り無しのどちらの作品も、読んでる最中に広告が表示されます。ハートの売上と広告の売上が、作者とサイトの運営者の取り分ということですね。

という感じで、毎日ログインして最低100ページは読むようになって二週間ほど。この間で読んだのは32冊。1作品200ページとしたらハート読みは7冊しか読めないはずですから、つまりはハート無しをかなりたくさん読んだわけですね。

実際のところ、ハート読みは読んでて結構辛いものがあります。1日100ページなんてあっという間に到達するわけです。休みの日などで1日かければ、コミックなら10冊だって20冊だって読めるのに、たった100ページでは制限が厳しい。そりゃそこで有料のハートを買ってもらいたいわけなんで、運営の意図はとてもよくわかるのですけれどね。ともあれ、結果的にハート無しをかなり読んでしまってます。運営と作者のみなさんにはごめんなさいと言いたいところですが、ちゃんと広告は出てますので売上はあがってるはずなんですね。

さてその広告ですが、マンガを読んでる最中に出てきます。邪魔かなとも思ったんですが、実際に読んでると意外と邪魔ではない。いや、もちろん邪魔なんですが、出てきた瞬間に反射的に閉じてしまえるように訓練されてしまったので、あまり邪魔に感じないという。そう、つまりは広告ほとんど見てないんですよね。これはマンガ図書館Zに限った話ではなくネット広告全体に言えることですが、広告はたくさん出稿されてるけど、実際に見られてる率はどれくらいあるんだろう。ネットが広告まみれになってしまったことで、見る人は広告を避けるように耐性ができてしまっているんじゃなかろうか。実際、アフィリエイターの方の取り分はどんどん下がっていってしまっているそうですし。ネット広告による広告効果や売り上げは今後下がる方向にあるじゃないでしょうかね。となると、広告を売上の柱の一つに据えているマンガ図書館Zとしても、今後新たな収益の柱を探さないといけないかもしれないですね。

ともあれ、今のところかなり気に入って毎日アプリを利用してます。絶版になった作品ですから、最新の人気作は読めません。でも代わりにと言ってはなんですが、かつての人気作が読めるわけですね。また、作者の方々にとって過去の作品で収益があがるというのも素敵な話ですね。このシステムを考えた赤松健先生は凄いなと思います。


あおやぎのさいと2.0 トドの日記2.0