プレーンテキスト最強に同意

2019/8/21作成

様々なTODOアプリやタスク管理方法を試行した結果最終的にプレーンテキストに行き着いた話

ああこれはもう本当にその通りだなぁと思うんです。プレーンテキスト最高。

例えば私は今の私のGTDで書いた通り、GTDのタスク管理をプレーンテキストで行っています。GTDといえばRemember The Milkでタスク管理するのが当然のように言われていますけれど、それでもやっぱり私はプレーンテキストを使ってます。一応、GTDを始めたころにRemember The Milkもちょこっとだけ使ってみたことはあるんですけどね。やっぱり馴染めなかった。使いこなしたとまではいってないので、その程度でRemember The Milkを語るなと言われればその通りなんですが。

プレーンテキストの何が優れているかっていうと、これもまあ世のあまたの人が行ってる通りなんですが「テキストエディタの起動が速い」「記述の自由度が高い」の2点に尽きるわけです。

「テキストエディタの起動が速い」については使ってるテキストエディタによるので一概に言えないのですが、私はサクラエディタを使っています。十分に軽量で、基本的にはダブルクリックしてから一呼吸もあれば起動してくれます。

「記述の自由度が高い」ですが、タスク管理の場合は1行1タスクになるわけです。すべてのタスクがこの状態で管理できるなら、なんらかのタスク管理ツールを使っても大差ないかもしれません。でも、すべてのタスクをそこまで完全に整理できるわけでもない。複数のタスクが入り混じっていたり、タスクに付随情報が大量にあったりもします。付随情報はタスクのコメントなどに書けばいいのですが、そうするとタスク管理ツールによっては一覧画面ではコメントは表示できなかったりする。付随情報を確認するために、いちいちタスクの詳細画面を開かなければいけなかったりする。やってられるかー。

テキストエディタで閲覧・編集しますから、テキストエディタの機能もふんだんに使えます。特定の単語をすべてのタスクで一括して置換したいなんてことも簡単です。同じことを機能として持ってるタスク管理ツールってどれくらいあるでしょうね。そもそもあるのかな。思い返してみたけど、今まで使ったタスク管理ツールでそんな一括置換が出来るものはなかったような気がする。

ここから10個のタスクをまとめてテキストの別のエリアに移動とかも簡単です。個々のタスクの並び順もプレーンテキストですから自由に並べられますよね。タスク管理ツールだったら、タスクの作成日時順とかタイトル順とかでソート出来るだけで、タスクの並び順を操作することもできない。どうしても操作したかったら、タイトルの先頭に1,2,3とつけていくとかになるけど、今度は挿入で大爆発してしまう。挿入を見越して10,20,30と10おきに番号付けていくとか、いにしえのBASICの行番号ですか。なんで人間がツールのためにそんな手間を割かないといけないのかー。

欠点としては、テキストファイルを自宅サーバ上に置いているので、自宅サーバにアクセスできる環境でしかタスクリストが読み書きできないこと。これは割と致命的で、現状出先でスマホでタスクを確認するということすら出来てません。例えばテキストファイルをDropboxなどに同期しておけば解決するのですが、今のところそうはしていません。


あおやぎのさいと2.0 トドの日記2.0