立川献血ルーム

2017年6月某日

今日は立川献血ルームで献血です。実は先週に予約を入れたんですが、急用が出来て行けなくなってしまってキャンセルしてしまったので、今日はそのリベンジ。しかし、キャンセルはよくないですよねぇ。献血予約した場合、その血液をどの病院のどの患者に使うかまである程度予定が組まれるので、献血をキャンセルすると最悪手術がキャンセルされたりすることもあるのかもしれないという話をどっかでみたような気がします。手術がキャンセルになってしまうほど献血に頼り切ったシステムにはなってないとは思うけど。ともあれ、命に関わってることだから、あんまり気軽にキャンセルもできないですよね。もちろん提供者の命も関わることだから、予約したらなにがなんでも献血しないといけないというわけでもないのですが。

さて立川。立川に来たことはほとんどないなぁ。仕事で一度だけ来たことがあるのを覚えているのですが、それ以外には来たことはないかもしれない。ということで、多分人生で2回目の立川です。

立川献血ルームはJR立川駅の北口にあるそうですが、立川の駅前はかなり開けているところで、大きなビルがたくさんにあります。駅前に立って見渡したら見つかるってわけにはいかず。Loftが入ってるビルにあるということでLoftの看板を目印にして探して、なんとかたどり着けました。こちらのビルの地下1階に立川献血ルームはありました。

献血ルームに入ってみてびっくりしたのは、ロビーにいる人の多さ。献血ルームでこんなに混雑しているのを見たのは、これまでで初めてかも。座席もみなさん相席で座ってらっしゃいますし。もしかして立川市民はものすごく献血に熱心なのでしょうか。そうだといいですね。

献血ルームの雰囲気は、昔ながらの献血ルームという感じです。これまでに行った献血ルームは比較的新しくできたところが多かったようで、内装にもなかり凝っていて特色があったのですが、こちらはそういう雰囲気ではありません。昔ながらの、ある意味とても献血ルームらしい様相の内装になっています。でも、別にこれでいいんですよね。目的は献血ですから。献血が出来るのなら内装なんて極端な話なんでもいいわけで。もちろん、凝った個性的な内装も、それはそれで素敵なんですけどね。

ともかく、混雑しているので受付もなかなか時間がかかります。受付前に荷物をロッカーに入れて、血圧を自分で測って、水分補給も済ませておいてくださいねと説明を受けました。たしかに、その方が効率的ですね。ということで、先に血圧測って水分補給をしていたら受付の方から呼ばれました。例によって静脈で認証して、タブレットで質問に答えます。こちらでもシープテストがありましたので、今はもうどこの献血ルームでも取り入れているのですかね。

受付が終わって少し待って問診。こちらでも問題なしで血液検査に。採血時に、今日は全献血400ミリリットルでお願いできませんかと聞かれました。今日は全血が足りてないのですかね。出来るだけ要望には応えたいのですが、全献血400ミリリットルで献血すると、次の献血まで3ヶ月の間隔が必要になってしまいます。今は出来るだけ短いスパンで献血したいので、申し訳ないですが成分献血でお願いすることにしました。血液の比重は問題なし。例によって呼び出しブザーを預かってロビーでしばし待ちます。

しばらく待って呼び出しブザーが鳴ったので採血室へ。採血室は全献血ベッド6床に成分献血ベッド12床がありました。規模としてはそこそこの献血ルームということになりますかね。そのうちのひとつに案内されて献血開始。今回は採血中の本もしっかり持ってきました。「透明なゆりかご5巻」。医療関係者の前でこんな本を読むってのもどうかとは思いますが、看護師さん達はそんなことはいっさい口には出されないです。当たり前ですけどね。

ところで、今日の看護師さんはとても当たりでした。針を刺すのが上手なのです。献血用の針は太いこともあって、大抵はちょっと痛いというか、ああ刺さってるなぁって感覚があるのですが、今回はほとんど気にならない。こんなに上手に刺せるものなのですね。

特に気分が悪くなることもなく、無事に献血が終了です。再びロビーに戻って献血カード類を返していただくのですが、このときにコインもひとついただきました。献血ルームに入ったときから気になっていたのですが、ここはドリンクの自販機以外にお菓子の自販機も置いてあるのです。あ、もちろん自販機と書きましたが代金は不要なんですけどね。食べ物も自販機になってるのかなぁと思ったら、ドリンクの近くにかごがあってクッキーや煎餅が入っていました。あの自販機はなんなんだろうと思ってたら、この献血後にいただけるコインで買える(?)というものだったのでした。ということで、大人のきのこの山をひとついただきました。個人的にはたけのこの里が好きなんですが、と定番のネット論争ネタを書いてみたり。もちろん、きのこの山もおいしいですよ!

しばらく休憩して体調にも問題ないので献血ルームをあとにします。献血ルームに近くのラーメン屋さんとの提携の案内があったので、せっかくなのでそちらに行ってみることにします。500メートルほど歩いてたどり着いたのは「ととホンテン」というラーメン屋さん。献血ルームにあった案内では、献血カードの提示で大盛り無料と言うことなのですが、コミュ障の私はとてもそんなことを店員さんに言う勇気は無く。普通に食券を買って、普通にラーメンをいただいてきました。ラーメンはとてもきれいなスープで、優しいお味でございました。ごちそうさまです。

LOFTのあるビルの
LOFTのあるビルの
中に献血ルームがあります
中に献血ルームがあります
階段を降りていくと
階段を降りていくと
そこが立川献血ルーム
そこが立川献血ルーム
待ってる間にドーナツとドリンクをいただきます
待ってる間にドーナツとドリンクをいただきます
献血が終わるとコインをもらって
献血が終わるとコインをもらって
大人のきのこの山に交換
大人のきのこの山に交換
ラーメン屋さんが協賛していたので
ラーメン屋さんが協賛していたので
行ってきました、立川中華そば とと
行ってきました、立川中華そば とと
いただきます!
いただきます!

あおやぎのさいと2.0 東京献血ルームめぐり