池袋い~すと

2016年3月某日

今回も事前に予約したのですが、その前の予定が思ったより早く終わったので献血ルームに行ってみたところ、前倒して対応していただけました。平日だったので空いていて対応しやすかったのかもしれません。

ということで、今回は池袋いーすと献血ルームです。池袋にはすぐ近くにもうひとつ池袋ぷらっとという献血ルームもあって、どちらも東口にあります。最初間違えて池袋ぷらっとに行きそうになってしまったのですが、確かめてみたら違ったので、改めて池袋いーすとへ。こちらは1階にパン屋タカセさんが入っているビルになります。池袋の東口に来たことのある方でしたら、このパン屋さんって見覚えあるんじゃないでしょうか。そういえば、ここで献血の呼びかけをなさっていることも多いですよね。

ビルの8階にあがって池袋いーすと献血ルームへ。これまで行った有楽町もakiba:Fも大型の献血ルームでしたが、こちらはそれらに比べると比較的コンパクト。だからって狭いというわけではもちろんありませんが。それに、やはり内装がお洒落。ウッディで落ち着いた内装になっています。特に素敵だったのが壁の飾り棚。おしゃれー。

という内装に浮ついてますが、献血に来たわけです。受付で一通り手続きしたあと血圧測定は自分で。そのあとは医師の問診を受けて問題なし。血液検査をしてこちらも問題なし。

しばらく休憩スペースで待っていましたら無線ベルが鳴ったので採血室へ。今回は5番のベッドです。ちなみに全部で12床のベッドがありました。

献血開始ですが、こちらでは最初からスポーツドリンクがサービスされてました。看護師さんが開封してくださいますので、もったいなくて飲めないってこともありません。気遣いが行き届いてますねぇ。もちろん、追加でドリンクもリクエストすれば持ってきてくださいます。献血しながら、水分補給もしっかりとれます。

今回持参した本は「イセングリムの夜警」。私は「辺境警備」以来の、紫堂恭子さんのファンなんですよね。そのわりにこちらは未読だったんですが。ということで読んだんですが、2巻で終わりじゃなかったんですね。続きはどうなってるんだー。

それはともかく、本を読み終わった頃には1時間ほど経過して、献血も終了。今回は水分補給もしっかりしたからか、気分が悪くなることもありませんでした。

タカセセントラルビル
タカセセントラルビル
8階に献血ルームがあります
8階に献血ルームがあります
献血後はドリンクとお菓子をいただいてしっかりと補給
献血後はドリンクとお菓子をいただいてしっかりと補給
うっとりするおしゃれな内装
うっとりするおしゃれな内装

あおやぎのさいと2.0 東京献血ルームめぐり