献血ルーム feel

2016年4月某日

本来なら予約して献血に行きたいところなんですが、このところバタバタとしていて予定が立たず。そんななか、逆にぽっかりと予定が空いたので予約無しで東京スカイツリータウン・ソラマチにやってきてみました。

スカイツリーができてずいぶん経ちますが、未だに登ったことありません。とういか、近くに来たのも初めて。どうせなら登ってみたいような気もするけど、今日はそこまでは時間の余裕がありませんので断念。あとから知りましたが献血のあとにはスカイツリーに登るのは危険なので止められているそうです。なので、今日は下から眺めるだけでおしまい。

東京スカイツリータウン・ソラマチの10階にある献血ルームへ。10時のオープンと同時に受付しましたが、他にも数人献血にいらっしゃった方が。そんなにオープンを待っていらっしゃる方がいるもんなんですね。私もその一人なのですが。

ソラマチの献血ルームは、曲線を多用したインテリアでとても未来的な雰囲気。10階にあって窓を大きく取っていて見晴らしがよいことも相まって、別世界のような様相です。まさに「天空の献血ルーム」ですね。

こちらの特徴としては、ロッカーが無いこと。その代わり受付で荷物を預かってくださいますし、持ち歩いてももちろんOK。あと、献血ルームと言えば無料ドリンクですが、これまで行った献血ルームではどこも自動販売機が置かれていました(無料なので販売ではないですが)。しかし、こちらではカウンターて注文して、スタッフの方が入れてくださるではないですか。とっても贅沢なんですが、逆に恐縮してしまいます。雰囲気としては自動販売機よりも断然いいんですけどね。

ともあれ、本来の目的は献血です。受付して、血圧を計って、問診を受けて、血液検査をして。無事に適格で成分献血を行うことになりました。

採血室のベッドは8床。これまで来たなかでは最小規模です。空間に余裕がありましたので、今後増床する予定なのかもしれません。 採血には例によって1時間程度かかりますので、今回も本を持ち込んでます。タイトルは「読む餃子」。我ながら節操のない選書だなとあきれます。ははは。

スカイツリーのおひざ元にあります
スカイツリーのおひざ元にあります
東京スカイツリータウン・ソラマチ
東京スカイツリータウン・ソラマチ
献血ルーム feel
献血ルーム feel
未来感たっぷり
未来感たっぷり
手首に巻く識別票に桜が
手首に巻く識別票に桜が
待っている間にいただいた期間限定のハニーラテ
待っている間にいただいた期間限定のハニーラテ
天空の献血ルーム
天空の献血ルーム

あおやぎのさいと2.0 東京献血ルームめぐり