2月3日

2012/2/3作成

削除依頼を5件削除対処。正確にはもう1件。一つの記事に版指定削除依頼が2件重なって出されたもので、対象となる版が重複していたので、対処は一度だけど、依頼は2件に対処したことになる。ややこしいけど、そういうこともあるのね。

削除依頼で1件コメント。存命人物の個人情報の記載がされているとして版指定削除の依頼がなされていた。具体的には誕生日。本人が公表していないなら確かに問題なので削除が必要だね。でも、もしかしたら公表されているのかもと思ってぐぐってみたら、はてなキーワードには思いっきりそのまま載ってたよ。いいのか、はてなキーワード。はてなキーワードもウィキペディアと同じく、ユーザが自由に書き換えられるわけなんだけど、プライバシー案件とか著作権侵害案件とかはどうしてるんだろうね。削除依頼のような手続きは無いような気がするから、運営がチェックして削除してるんだろうか。

ま、はてなは置いといて問題の人物について。「-wiki」とか「-はてな」とかして検索結果を絞っていったところ、電子書籍サイトの書誌情報に誕生日が記載されていた。このサイトは出典として使うには弱い感じがするけど、そこで紹介されている本には誕生日も記載されているかもしれないね。図書館で取り寄せて調べてみるか。ということで、削除依頼ページにそのようにコメントをする。

即時削除は8件削除対処。それにしても、移動の残骸のリダイレクトがどんどんたまっていくね。なんでかっていうと、現在「Wikipedia‐ノート:即時削除の方針#移動元リダイレクトをSD対象から外す提案」というのが議論されていて、もうすぐ方針が変わる可能性があるからだろうね。もしかしたら数日中に即時削除対象でなくなる可能性があるわけだから、今急いで対処して削除することもないんじゃないかと思う。

おでかけして図書館に行き、さっきの資料の取り寄せを依頼する。数日中には結果が出るでしょう。

索引の赤リンク除去作業もぼちぼち。ところで、赤リンクを調べていると大抵は削除された痕跡にたどり着くんだけど、結構な割合で「Wikipedia:削除依頼/YOSHI438およびYOSHI438/同一人物と思われる利用者による新規作成記事」にぶち当たる。この案件、なんと1600件もの記事が削除されたという巨大案件。ふはー。削除理由は著作権侵害。要するに資料を調べて執筆したんではなく、写ししたわけですな。それにしても1600件もの記事を立項しただけでもすごい労力だと思うのに、それが削除されるようなものだという自覚はあったんだろうか。ていうか、なかったからやったんだろうなぁ。この件については知らなかったけど、ウィキペディア日本語版の歴史の中でも結構大きな事件の一つになるんじゃないだろうか。

でまあ、多数の人の調査によって著作権侵害が判明して、これまた管理者の膨大な労力によって記事が削除されたわけだけど、問題の編集者はご丁寧に索引にも記載していたので、今こうして私が跡始末をしてまわっているわけだな。まあ、私のはほんとに物好きでやっているわけなんだけど。それにしてもなぁ。記事の特筆性が問われたわけではないから、問題を解消しての再立項は可能ではあるんだけど、それまで索引を赤リンクのまま放置しておくというのもなんなので一旦除去しておくことにする。

ところで出典付け作業。「ダイヤモンド・セレクト 2011年11月号 地球の走り方 Travel&Run!」という市民マラソンについてのムックが手元にあるので、この本で取り上げられている大会について出典をつけようかと思ったんだけど、意外と難しい。というか、このムックが体験談とかが主体で、あまり情報としてはまとまっていないので出典としては使えないというか。うーん、資料探しって難しいなぁ。

出典付けについて思うんだけど、正当なのは「出典の無い記事を見つける」→「出典になりそうな資料を探す」→「資料をもとに記事に出典を付ける」という流れだと思う。しかし、このやり方で資料を探していると、なかなか資料が見つからない。図書館で書名で探して取り寄せても、内容は全然違っていたりするのでかなり効率が悪い。で、逆転の発想として「出典として使えそうな資料をまず見つける」→「その資料で出典を付けられそうな記事を探して出典を付ける」というのが効率がいいのではないだろうか。もちろん、作業手順としては邪道だとは思うけど、結果としてウィキペディアの記事に出典が付けられれば、それはそれでいいわけだし。

という資料として「地球の走り方」が使えないかと思ったけど、残念ながらそううまくはいかなかった。しかしこれは資料の問題であって、手法としてはそれほど間違っていないと思うので、他の資料を見つけたらまた挑戦してみようと思う。

ちなみに「地球の走り方」にはいくつかの市民マラソン大会が特集されているんだけど、そのうちウィキペディア日本語版に記事があったのは「ニューヨークシティマラソン」「ホノルルマラソン」「奈良マラソン」の三つだけだった。そういう意味でも出典としては使えなかったわけだね。このうち、ホノルルマラソンについては他で探した資料で出典を付けた。ニューヨークシティマラソンは上記の通りで出典は付けられなかった。奈良マラソンについても「地球の走り方」では出典を付けられなかったんだけど、ぐぐってみると結構ニュース記事が見つかったので、それを使っていくつか出典を付けてみた。

それ以外の出典付けとして「Google AdSense」に少し。なんでこの記事かというと、自分が興味があるからなわけで(^^)。実際、日本でサービスが開始された直後くらいから私はAdSenseやってるし。全然儲かってないですけどね(笑)。

ちなみにGoogle AdSenseというのはGoogleが運営しているウェブ広告サービスのこと。このサービスがGoogleの主要な収入源でもあったりする。AdSense以前のウェブ広告は掲載されるウェブページの内容と広告の内容が関連付けられてなかったのであまり広告効果が高くなかったんだけど、AdSenseではGoogleがウェブページの内容を解析して、そのページに関連する広告を表示する仕組みになっているので広告効果が高い。今でこそ当たり前の技術だけど、登場した頃は画期的なものでした。


あおやぎのさいと2.0 新人うぃきめでぃあん日記