1月27日

2012/1/27作成

今日も時間が取れるので、一日ウィキペディアデー。まずは削除依頼を4件削除対処。

次に即時削除を9件削除対処。1件はタグ除去。統合によって生じた括弧付きのりダイレクトが出ていたんだけど、これは削除できない。というか削除してはいけない。改名によって生じたリダイレクトは削除していいんだけどね。なんでかっていうと履歴保持のため。改名の場合は履歴も全部持っていけるから、残骸のリダイレクトを削除しても問題ない。しかし統合の場合は履歴は元の記事に残っているから、これを削除してしまうとGFDL違反になってしまう。具体的には、統合前の執筆者の成果を、統合後の執筆者が盗んだことになってしまう。だからダメなの。

あとコモンズに移動した画像を6件即時削除。これで対処できそうなものは片付いたかな。ぜいぜい。

久々に会話ページにコメントが。何事かと思ったら、先ほど即時削除した記事について、異議申し立てが。投稿者本人依頼によるものとして「CSD#全般8」を適用して削除したんだけど、投稿者によると即時削除を依頼した覚えは無いとのこと。えー、と思って改めて削除版を確認したところ、確かに即時削除依頼タグは貼られていない。ぐっはー。完全なミスだよ。しかしおかしいなぁ。タグが貼られてないなら、なんで「Category:即時削除対象のページ」にカテゴライズされていたんだろう?不思議だけど、今となってはその理由を調べる方法もないなぁ。ともあれ、投稿者さんには謝罪。十分注意していたつもりだけど、これからも更に注意して作業するようにしよう。

学校の曖昧さ回避の作成が終わったので、次のjawptoolによる編集として索引の赤リンク除去作業に取り掛かる。しかし、始めてみて分かったけど、これ凄い大変。赤リンクはjawptoolで検出できているんだけど、その一つ一つについてどういう理由で赤リンクになっているか確認しないといけない。削除されているなら索引からも除去でいいけど、改名されている場合は改名先にリンクを修正するべきだし。

あと驚いたのは立項せずに索引に赤リンクだけ追加されているケースがあること。これも宣伝を狙っているのかなぁ。どういう意図か、記事の痕跡すらないからわからないんだけど、まあこういうのは削除してもいいでしょう。でも中にはリダイレクトを作成することで赤リンクから救済できる場合もあるから、そういうときはリダイレクトを作成したりとか。そうすると、当然そのリダイレクトが作成に値するかどうかも検討しなきゃいけないから、更に手間が掛かる。うーん、こんなに手間が掛かるなら機械的に除去だけを行ってもいいのかなぁ。追加したい人は後から追加すればいいわけだし。と、ちょっと作業方針に悩む。ともあれ、これもレポートの量が半端ないので、終わるまでに一体いつまでかかるのやらだけど。


あおやぎのさいと2.0 新人うぃきめでぃあん日記