1月10日

2012/1/10作成

削除依頼は1件存続で終了。リダイレクト記事で、同じ案件がリダイレクトの削除依頼にも提出されたから。即時削除は3件削除対処。

Wikipedia:出典をつけよう大会」というのが間もなく開催される。現状、ウィキペディア日本語版の記事には出典の無いものが多い。大原則として全ての記事には出典が必要なのだけど、それが全ての執筆者に理解されているわけではないため、出典の無いままになっているものが多数ある。という私も参加し始めた当初は出典の無い記事を作成したり加筆したりしたことはあるから、全然偉そうに言えたことではないんだけれど。

でまあ、その出典の無い状態を改善するため、みんなで出典をつけましょうというイベントが開催されるわけだ。イベント自体は「Wikipedia:執筆コンテスト」に似た感じで、基本的にはオンラインで開催される。参加するには、大会ページで参加表明すると、出典を付けた編集についてポイントが計算され、多くのポイントを得た人が表彰されるという具合らしい。参加表明するのはどうしようかと思うけど、、出典付け自体は自分も出来るだけこの期間に作業できればなと思ってる。思ってるだけじゃダメだけど。

あと、出典付け大会の関連イベントとしてオフ会も開催される。オフ会と言っても単に顔を合わせるだけじゃなくて、みんなで集まって出典を付けるというオフ会だけど。いかにもウィキペディアらしいオフ会だなぁ。これが当初は京都で開催されるということで、ちょっと遠くて参加できないなぁと思っていたんだけど、東京でも主催してくださる方が現れた。これは嬉しい。参加できるかどうか日程を調整してみないとわからないけれど、出来ればこれは参加したいな。

それとは別に、今日は久しぶりにjawptoolを少しいじっていた。コードカバレッジという概念がある。要するに実際のコードのどれくらいの範囲に対してテストコードが書かれているかということ。もちろん100%が望ましい。で、このコードカバレッジを調べてくれるツールというのもあるので、jawptoolで調べてみた。結構頑張ってテストを書いたつもりなので、いい成績になるかなと思っていたんだけど、あまりよくなかった。がーん(笑)。いや、笑い事じゃないんだけど。うーん、テストを書くのって難しいなぁ。

ということでコードカバレッジが100%になるように、テスト漏れのケースに対してテストコードを書いていたんだけど、これがかなりの作業量。ちょっとこれは大変ということで、中断。今日明日にいきなり100%に持っていくというのは無理そうだ。腰をすえて、じっくり取り掛からないといかんね。ということでjawptoolはやっぱりしばらくお休みにして、他の作業を先に片付けてしまおう。


あおやぎのさいと2.0 新人うぃきめでぃあん日記