1月7日

2012/1/7作成

今日は削除処理はちょっと気が乗らないのでお休み。そんなことでいいのかという気もするが、削除を含む管理者権限の行使は影響の大きい行為だから、気持ちが乗ってないときは無理してやらないのも、ある意味必要なことだよなとも思う。自分に対しての言い訳かもしれんけど。

気分を変えてネットで図書館探検。国会図書館の他に大きな図書館はないかなぁと思って都立図書館の蔵書を検索してみたら、日本経済新聞の縮刷版をかなり蔵書していることがわかった。おお、素晴らしい。

善は急げ、ではないけれど時間が取れたので早速都立中央図書館にやってきました。広尾にあるんだけど、広尾なんて初めて来たよ。なんか街の雰囲気が高級で、庶民としては落ち着かない感じ(^^)。ま、それはいいとして。

目的の都立中央図書館。国会図書館の様に入館登録が必要なのかなと思ったら、それはないみたい。ただ、入館証を貰って入らないといけない。あと、国会図書館と同様にカバンの類は持ち込めないのでロッカーに入れると。ふむふむ。

そういえば、国会図書館は18歳未満の場合は入館お断りだったんだけど、ここにはそういう掲示はないなぁ。大丈夫なのか。私は18歳以上なので気にする必要はないのですけどね。

無事入館して、日本経済新聞の縮刷版を探してみたら、あったあったよ。ここも開架してある。すばらしー。ということで目的の「大麻唯男」の記事を探して、国会図書館の蔵書では読み取れなかった文字をなんとか判読。ほっ。

ついでと言ってはなんだけど、入力可能な「村松梢風」、「鳩山一郎」、「金森徳次郎」の複写も申請。ここでも司書さんがコピーを取ってくれるので大変ありがたい。


あおやぎのさいと2.0 新人うぃきめでぃあん日記