10月1日

2011/10/1作成

10月になったー。ということで「リダイレクトの削除依頼」の9月分の残案件に投票をする。

なんで投票するかというと、それは票がなかなか集まらないから。「削除依頼」でも議論に参加するメンバーが少数で固定化しているという問題があるんだけど、「リダイレクトの削除依頼」はもっと人が少なくて、合意すらなかなか成立しなかったりする。と言ってる私だって、管理者になるまではリダイレクトの削除依頼にはほとんど出入りしてなかったから、偉そうなことは言えないんだけどね。

ということで、自分で票を入れていこうというわけ。なんで月が変わったらかというと「リダイレクトの削除依頼」は月ごとにサブページを作るようになっているから。新たな案件が提出されるたびに票を入れていくと手間なんで、月が変わってもう新規に提出されることがなくなってから、まとめて投票させてもらおうというわけ。自分勝手な言い分だけど。

ただ、そうすると日々の負担は掛からないんだけど、月に一度の負担は結構大変になる。1件1件、依頼が妥当かどうか検討していくわけだからね。「リダイレクトの削除依頼」の場合、編集履歴にリダイレクト以外の版があると取り扱えなくなるから履歴チェックも必要だし、削除されると発生する赤リンクが無いかどうかチェックして、必要ならリンク修正も行わないといけないし。

ということで、なんとか投票を完了。もちろん全部が削除票というわけではないから、存続票やコメントにしたものもある。とにかく「リダイレクトの削除依頼」にはもう少し人が集まって欲しいところだけど、管理系に興味がある人でないと参加しようと思わないよなぁ。

ということをしていたら、IRCでお呼び出し。お、またなんかやらかしたかなと思ったら、私が即時削除した記事について、リンク元と履歴のチェックはちゃんとしたかどうかという確認だった。ちゃんとしたつもりだけど、念のために再度確認しても問題なし。ということで、この件は問題にはならなかったんだけど、こういう風に問いかけられたのはちょうどいいタイミングだったかもしれない。

というのは、この1ヶ月で管理者の作業にも随分慣れてきた感がある。慣れるのはいいんだけど、「慣れ」で作業をするのは好ましくない。微妙なニュアンスなんでこの文章で読者に意図が伝わるかどうか心配なんだけど。とにかく、初心忘れるべからずなわけですな。ご用心ご用心。

jawptool。LintRedirectなんだけど、今のところチェック項目は二つだけ。曖昧さ回避のカッコ付きか、ノートのリダイレクトか。二つしかチェックしないんだったら、レポートは記事ごとに出力するよりはチェック項目ごとの方が見やすいんじゃないだろうかと思って修正。

LintTextのチェック項目として「Template:死亡年月日と没年齢」と生没年のカテゴリが一致しないものを検出するようにしてみた。実行してみると、意外とそういう記事が見つかるもんだね。いやぁ、なんでもやってみるもんだ。

小学校の曖昧さ回避記事の立項。今日は3件立項した。まだまだ先は長いなぁ。


あおやぎのさいと2.0 新人うぃきめでぃあん日記