9月3日

2011/9/3作成

だいぶ慣れてきたというのもあり、即時削除を3件ほど。これで今日のノルマは果たした。って、別に誰からノルマを決められているわけでもないんだけど。

リダイレクトの削除依頼をしようかなと思ったら、他の管理者さん二名が凄い勢いで削除しているタイミングと重なってしまった。このタイミングで自分も参加すると作業が重なる可能性があるので、今日のところはおしまい。ただ、1件リダイレクトが記事として加筆されているものがあったので削除せずに終了させておく。

ウィキニュースで査読。野田内閣組閣のニュースで一点疑問が。蓮舫大臣なんだけど、他の大臣の記述に合わせて姓名が分かち書きされて「蓮 舫」となってる。でも村田蓮舫が本名だから、蓮(姓)舫(名)ではないんだよね。しかし、情報源が「蓮 舫」となっている上に、公式情報と言える首相官邸のサイトでも「蓮 舫」になっていて、「蓮舫」に修正するにも根拠が無い状態。こういう場合、どうしたらいいんだろう。

という査読をしていたら、ウィキニュースの編集回数が100回を越えた。ウィキペディアでは1日で達成したこともあるけど、ウィキニュースではそうはいかんね。まあ、回数を競っても仕方が無いんだけど。

熊谷陸軍飛行学校矢吹分校」関連のリダイレクト3件が初版投稿者による即時削除依頼があったので履歴を確認したら、なんと私が居るではないか。IPユーザによる白紙化があったので差し戻したんだけど、どうやらそのIPユーザは初版投稿者自身だったみたいだね。で、今回はログインして即時削除タグを貼っておられたので、履歴とリンク元を確認して即時削除を実施。

なんというか、こういう言い方は適切でないかもしれないんだけど、管理者業務に少し慣れた感じがする。もちろん「慣れ」は怖いので、いつまでも初心を忘れず慎重に作業をしないといけないんだけど、毎日少しずつ作業をしていることでどういう点に注意すればいいか分かるようになってきた気がする。気のせいかもしれないけど。別の言い方をすると「やばい案件」を見分けることができるようになってきたというか。「やばい」というのは言葉が過ぎるかもしれないので、要注意な案件というか。まあ、過信かもしれないけど、少しは成長したと思ってもいいのかもしれない。ここ数日は失敗して注意されることもないし。

管理者になる前にも削除依頼系はよく目を通してある程度分かっているつもりだったけど、やっぱり実際になって作業をしてみて分かることって多いなと思う。具体的に何がどうこうと説明できないのがもどかしいところではあるんだけど。こうして作業したり、他の管理者さんの作業を見たりしていると色々わかってくるというか。荒らし対応から保護、ブロックまでの流れとかもだいぶ分かってきたので、あからさまなものなら自分でもブロックできるかなとも思えたり。もちろん、まだ実際にはしないけど。

ということで、気分よくリダイレクトの削除でもしようかなと思ったら、またしても他の管理者さんが大量に削除しているタイミングだった。どかっとまとめて削除されたので、もう削除できそうなものは残ってない。もしくは、その管理者さんが手を出さなかったということは、何か問題が残っている可能性があるかもしれないので様子見をしたほうがいいかもね。

それとは別に今日提出されたリダイレクトの削除依頼。移動の残骸のノートということなので、即時削除可能かなと思ったらどうもおかしい。よーく調べてみると、移動は2回行われていて合意が得られているのは最近の方だけ。で、削除依頼が出ているのは過去の移動に関するもの。だからこれは即時削除できない。あー気付いてよかった。危ない危ない。こういうのも要注意な案件のひとつだよな。

ウィキニュース。査読した野田内閣記事に回答があった。執筆者さんの意見としては、気にはなっていたけど情報源がそうなっているんだから「蓮 舫」でいいんじゃないのということ。私もまあそれでいいかなとも思うんだけど、念のために他の人の意見を少し待ってみようと思う。

昨日の即時削除の件。即時削除のテンプレートの説明を改めて読んでみたら、オプションでコメントが指定できるのね。うわ、知らなかったよ。恥ずかしい。まだまだ知らないことだらけやなぁ。


あおやぎのさいと2.0 新人うぃきめでぃあん日記