8月14日

2011/8/14作成

カテゴリなしと孤立したページが更新されたので作業。なんとなくだけど「国際戦略港湾」はできそうだったのでWikifyしたり出典追加したりしてみた。

管理者立候補の時に出典の無い記事を作成したことを問題視されたので、今更ながら出典を探してみたところ、「Adobe Flash Media Server」「影舞」について出典が見つかったので加筆。つか、こんなにすぐに見つかるんだったら、とっととやっとけって話だよな。

久しぶりにウィキニュースに短信。ベルリンの壁50年という記事と、第二東名高速道路の一般開放の記事。

私がウィキニュースに参加するようになって1ヶ月は経ったかな。ということでこの時点の感想だけど、一番は参加者が少ないことだよなぁ。ウィキニュースはウィキペディアと違って、記事に「執筆」「査読」「公開」の三つの段階がある。特にガイドラインに明記されているわけではないけど、多分執筆開始から公開まで多数の参加者で作業することで数時間から1日以内くらいで終わらせることが想定されているんじゃないかと想像する。だって、ニュースサイトだもんね。いくらいい記事でも、何日も経ってから公開されても、ニュースとしての価値は少ない。情報の蓄積としては意味はあるけど、それはウィキニュースのメインの目的ではない。

で、現状のウィキニュース日本語版だけど、参加者が少ないことから、この執筆から公開までの時間が非常に長くなっている。数日から一週間、ときには1ヶ月以上かかったりもする。それだけ経つとニュースとしての価値も少なくなる上に、情報源がリンク切れになったりするので、査読で指摘が入って執筆のやり直しになったりして、更に時間が掛かる。最終的には情報源が全部リンク切れになったり時間が経ちすぎて放棄記事になってしまったりする。非常にもったいない。

ざっと見てだけど、ある程度コンスタントにウィキニュースの編集に参加している人って、今は4から5人くらいじゃないだろうか。これはいくらなんでも少ない。多分、これが10人くらいになったら、だいぶサイクルがよくなって活性化するんじゃないかと思うんだけど。ということで、これを読んで面白そうだと思った方。ウィキニュースの編集に参加してみませんか?

またしても久しぶりにjawptool。これまで削除依頼の長期積み残しチェックをLintTextの一機能としていたんだけど、これだけ独立した機能にしたほうがわかり易いかなと思って分離。


あおやぎのさいと2.0 新人うぃきめでぃあん日記