日本一周ツーリング 北陸・中部編 9月17日

天候:晴れ後曇り

目が覚めたのは夜中の2時頃。早く寝たからという訳ではなくて、寒くて(^^)。よく考えると標高1500m程の高地ですから、平地に比べるとずいぶん寒いわけです。(そんなこと、よく考えなくても気が付けよ)。結局、服を着込んでも寒くて、眠ったような眠らなかった様なよくわからない状態で朝を迎えました。

歩き始めたのは、ちょっと遅くなって朝7時頃。それでも、さすがにこんな時間は他に歩いている人も少なく、上高地を独占に近い状態です。天候も、穂高連峰の上部には雲が掛かっているものの、そのほかは好天で気持ち良い。人が少なく、静かな上高地。それは、やはり以前来た時とずいぶん印象が違います。私は植物については全然知識が無くて、木か草かが見分けられる程度(^^)ですので上高地ならではの植性などについてはわかりません。でも、なんというか絵になる様に綺麗な景色なのです。梓川は清らかに流れ、木々はただ静かな空間を提供する。こんな中を一人っきりで歩いていると、なんだか別世界に来たようですね。

そんな事を考えながらあるいていると明神池に到着。以前来たときはここまででUターンして帰っていったのですが、今日は時間もありますので更に奥の徳沢まで歩くことにします。歩き歩いて更に1時間。徳沢に到着。このあとは河童橋まで戻ったあと、大正池まで往復。ようやく小梨平のキャンプ場に戻ってきたのは午後3時頃でしたでしょうか。

さて、そろそろ帰り支度をしようかと荷物をまとめていると、バイク用のジャケットが無いことに気が付きました。朝歩き始めたときは着ていましたから、どっかに忘れてきた。記憶をたどってみると、おそらく明神池のベンチに置きっぱなしにしてしまったみたい。小梨平から明神池まで片道約3km。がーん。それでもジャケットが無いとバイクに乗ると寒いので仕方なく歩いて取りに行きました。なんだかんだで、今日は1日で30km近くも歩いた事になります。

上高地から出るには、また沢渡までバスに乗ります。バスを降りて、バイクに荷物を積んでさあ出発という時になって、またしてもジャケットが無い!今度はバスの中に置き忘れてしまったみたい…。自分の馬鹿さ加減にあきれてしまう。結局、バス会社に連絡して営業所で預かっておいてもらうことにして、今日は宿に入ることにしました。

今日の宿は、近くにある白骨温泉のYH大石館。ここは、普通の温泉宿がYHもやっているということで、相部屋であることを除けば設備も食事も全て温泉旅館です。温泉も内湯になっているので、24時間入り放題。白濁したお湯の本格的な温泉で、もちろん露天風呂も有り。 これでYHの料金ですから結構お得ですね。

本日の行動
長野県安曇村(上高地)→長野県安曇村
走行距離
5km
使用金額
5845円
上高地の大正池。写真がここだけなのが今更悔やまれる
上高地の大正池。写真がここだけなのが今更悔やまれる

あおやぎのさいと2.0ツーリングレポート