日本一周ツーリング 北陸・中部編 9月13日

天候:晴れ

今日は能登半島を一周する予定。天気も上々、気温も少し暑いくらい。とはいえ、こんな事は言ってはいけないのかもしれないけど、能登半島には"これは!"と思うような心惹かれるポイントはあまり無さそう。ということで、今日は景色を楽しみながら走るのが基本となりそうです。

途中、道の駅から見えた千枚田など一部を除いては、ほんとに走るだけ。でもそれが結構楽しいね。景色が開ける所はそれほど無いのですが、たまに見える海などはなかなか綺麗で気持ち良いものがあります。変わった事と言えば、一つ。国道を走っていて、軽トラの後ろについた事があるのですが、ふと気が付くとトラックの荷台におじさんがこちらを向いて乗っている。しかも、このおじさん。どういうわけか、すごく気持ち良さそうな笑顔をしてる(^^)。ずーっと、にこにこしているものだから、こっちが思わず照れてしまいました。結局、この軽トラは途中で右折して行ってしまったのですが別れ際に軽く会釈したら、おじさんもちゃんと笑顔のまま会釈を返してくれました。

そうこうして、能登半島を約2/3程走って、桜峠の道の駅で休憩してたとき、ふと壁に掛かったカレンダーを見ました。それは、海王丸パークのカレンダーでした。そう、引退した練習帆船、海王丸がこの辺りに係留されて保存されているのは知っていましたが正確な場所は知りませんでした。カレンダーによると、それは富山県新湊市というところ。しかも、今日は月に一度あるかないかの総帆展帆の日。今は午後2時、海王丸の見学は午後5時まで。新湊まで距離は約100km。間に合うかどうか、ちと不安ではあるが、明日は定休日らしいので今日でなければ見れない。

ということで、残りの能登半島はすっとばして新湊に向かいました。(とはいえ、一応シーサイドとかの走って気持ち良さそうなルートは選択してたんですが(^^))。新湊の海王丸パークに着いたのは午後4時半。そして、見えてきました海の貴婦人、海王丸。おお、感動(^^)。 さっそく入場券を買って船内を見学。現役当時の姿をほとんどそのまま残して、船内をくまなく見学出来るようになっています。これは楽しい。着いた時間が遅かったので、総帆展帆は終わっていたのが残念ですが海王丸に会えて良かった。

今日は、海王丸でエネルギーを使い果たしたので(^^)、気力も萎え近くの富山YHに泊まりました。

本日の行動
石川県志賀町→富山県富山市
走行距離
308km
使用金額
5337円
千枚田
千枚田
国道沿いに延々と続く花壇
国道沿いに延々と続く花壇
海王丸の雄姿。美しい
海王丸の雄姿。美しい
真横からはちょっと間抜け
真横からはちょっと間抜け

あおやぎのさいと2.0ツーリングレポート