日本一周ツーリング 四国編 9月1日

天候:曇り一時雨

キャンプ場自体も祖谷渓にあるわけですが、ここから祖谷川に沿った県道32号でかずら橋をめざします。しばらく、渓谷の景色を楽しみながら走っていたのですが突然通行止めの看板が現れました。この先の道が崖崩れで通れなくなっているそうです。うーん、別の道から行くとなるととても遠回りになるので、残念ですがかずら橋は諦めです。

高松市に向かう途中、道の駅もみの木パークで休憩したら、近くの塩入温泉の入浴券をくれたので、せっかくなので行ってみました。ここは、最近多く見られる小綺麗な温泉保養センターではなく、"村の共同湯"という感じのほのぼのした所でした。居心地が良いので、思わずのんびり過ごしてしまいました。

温泉で時間を過ごしたので、高松に着いたのはちょうどお昼頃でした。さて、いよいよ教えてもらっていたうどん屋に行ってみます。まずは、国道11号のバイパス沿いのパチンコ屋の駐車場にあるという、あたり屋というお店。店舗もプレハブでいかにも何かが期待できそうです(^^)。店に入ってしょうゆうどんの大を頼む。値段は300円。讃岐では高い方らしいですが、それでも格安。食べてみると、気合いの入ったコシは好感の持てる麺。これぞ讃岐うどんと、納得できるものでした。もう1軒は、とある観光地の中にあるのですが、私がたまたま運が悪かったのか湯がき過ぎ、というより半分のびたようなうどんが出てきました。 どんぶりいっぱいの麺が食べるのが少々苦痛。

あたり屋は確かに当たり。あのうどんを食べられただけでも感謝です。できれば、私が今度讃岐に行くときまで、あの味を保っていて欲しいものです。

うどんを食べて締めくくった後は、宇高フェリーで瀬戸内海を渡り岡山へ。神戸に向けて、国道2号と国道250号を使ってひたすら東へ走ります。思ったよりも道が混んでなくて、すんなり夜には帰ることが出来ました。

本日の行動
徳島県池田町→兵庫県神戸市(自宅)
走行距離
327km
使用金額
4840円
かずら橋には崖崩れで行けず
かずら橋には崖崩れで行けず

あおやぎのさいと2.0ツーリングレポート