日本一周ツーリング 四国編 8月31日

天候:曇り

キャンプ場からは、県道、国道56号と走り次いで宇和島市へ。さらに北上し、八幡浜市から、いよいよ長大な佐田岬半島です。交通量も少なく、ひたすら快適な佐田岬メロディーラインを快走。ただ、風がちょっと強かったのだけが辛かった。

三崎町から県道になってからは、道も狭く曲がりくねっている上に、分岐が分かりにくく道に迷いそうになりながらも、なんとか三崎の駐車場に到着しました。ここから岬までは更に20分歩いて、ようやく到着。岬の先端には、もうお決まりの灯台がそびえ立っています。そして、岬からは九州(だと思う(^^))の山々がすぐそこに見ることが出来ます。これだけ近いということは、もしかしたら佐田岬に住んでいる人にとっては、四国の中心部よりも九州の方が身近な場所なのかもしれませんね。

佐田岬を見た後は、この辺りにはそれほど興味を引かれるものも無い。というより全体のスケジュールを考えると、そんなにゆっくりしてもいられないのです。この後は、基本的に祖谷渓に行って、その後高松でうどんを食べて帰るという積もりにしています。松山からは少々贅沢ですが高速道路を使って移動することにしました。松山自動車道の伊予I.Cから約100km。高知自動車道の新宮I.Cまで走って値段は2300円。決して安い値段ではありませんが、価値を考えるとそれほど高いというものではありません。走るのが目的のツーリングでも、状況によっては高速道路を使うのも便利だと思います。

新宮I.Cからは、祖谷渓キャンプ場まで約20km程なのですが、日が暮れてしまいました。山の中の真っ暗な道を恐る恐る走って、ようやくキャンプ場に着くことが出来ました。明日は有名なかずら橋に行ってみようと思います。

本日の行動
愛媛県城辺町→徳島県池田町
走行距離
390km
使用金額
5217円
佐田岬の灯台
佐田岬の灯台

あおやぎのさいと2.0ツーリングレポート