日本一周ツーリング 南国編 8月2日

天候:晴れ

今日は沖縄国際YHに連泊し、島の南部を一周してきて、夜に国際通りで開催されるエイサー踊りのお祭りを見物に行くという予定を立てました。とりあえずは国道を使って走り始めます。

沖縄の昼間は、これが初めてですがさすがに日差しが強い。太陽光が強過ぎて、ものの色彩がかえって失われている様に感じてしまいました。そして、お日さまが高い。北緯35度付近で生まれ育った私にとって、北回帰線というのは遠い世界の話しでした。ですが、ここ沖縄ではすぐ近くにあるものなのですね。ほぼ真上から照りつける太陽というのは新鮮なものでした。

さて国道に沿って走っていると、ひめゆりの塔がありました。別に思想、信条がある訳ではないけれど、こういうものがあると、つい足を向けてしまいます。そして、そこで見たものは…うーん、言葉にするのも難しいものがあります。こういうものを見て戦争は悲惨だとか戦争はいけないというのは簡単なのですが、それだけで良いのだろうか。戦争を無くす為に何をすればいいのか。戦争が始まろうとしたときにどういう行動をとるべきなのか。そういう考察が必要かなとか考えてしまいました。

少々重い気分になった所ですが、とりあえず平和な時代に生きている私としてはその平和を享受して楽しむというのも大事な使命です。(そんな大層なものか?(^^))という事で私はとりあえずツーリングを楽しみましょう。国道を引き続き走っていくと海沿いの道になってきます。そして、そこから見える海の綺麗な事、綺麗な事。なんで、こんなに贅沢なまでに綺麗な海なんでしょうか。そしてこの辺りはツーリングマップにもある通り街路樹がヤシの木です。何気なく置いてありますが、これって凄い事ですよね(^^)。やっぱり亜熱帯、南国にやってきたという感じです。

南部を一周してからは、一旦那覇に戻って嘉手納飛行場の脇を抜けて与勝半島方面へ。嘉手納飛行場は、道からも基地内が見渡せるのかと思ったけど、さすがにそれほど甘くない。本物の軍事施設ですからね。でも、普段は映画でしか見ないMARINE(海兵隊)とかの表示のある看板を見るだけで、十分違和感があります。これが沖縄の今。

与勝半島では、海中道路(海底道路では無い)を通って平安座島、宮城島、伊計島へ。海中道路は景観抜群だったのですが、島々の道は砂糖きび畑の中を通るものばかりで景観はいまいちでした。基本的にリゾートの島の様ですから、ホテルなどのリゾート施設に入らないと楽しめないのでしょうね。

と、朝におおざっぱに立てた予定の通りに行動して、夕方にはYHに戻ってお祭りに行けるかと思ったのですが、全然甘かった。まず県道の設備が悪い。案内標識が不足しているので、初めて通る者には全然道が分かりません。かなり迷って余分な道を走ってしまいました。また、幹線道の国道58号はこれでもかという程の大渋滞。なんでこんなに車があるんだろうと思うほどの車でした。結局YHに戻ってこれたのは夜の7時。疲れもあってお祭りは諦めてしまいました。

本日の行動
那覇→那覇
走行距離
199km
使用金額
7040円
海中道路
海中道路

あおやぎのさいと2.0ツーリングレポート