日本一周ツーリング 南国編 7月27日

天候:曇り時々晴れ

さて今日は種子島一周。ちいさな島だと思ってたのですが、意外と大きい。といっても一周百数十km程度でしょうか。基本的に海岸線沿いに走ります。

さて種子島。南の方に来たという事もあってか、日差しも雲もやはり夏です。蝉もガンガン鳴いてます。思えば、こんな夏らしい風情を感じた事って何年ぶりでしょうか。ずっと都会暮らしをしていると、季節の感覚もTVごしになってしまいますね。

また、島を走っていると、なんとはなしに南国を感じさせるものがあります。具体的に何が、というわけではないのですが、植物や家々や通り掛かる人々が南国の雰囲気を出しています。つい先週まで北海道に居たことを思うと、そのギャップが凄い(^^)。

ついでにしょうもない事をもうひとつ。私の好きなアーティストに種ともこさんという人がいます。で、種子島を走っていると当然ながら"種"の文字の入った地名の看板があちこちにあって、それをみる度にちょっとドキッとします。あ、馬鹿ですね。私。無視してください。はい(^^)。

そうそう、島内一周。まずは最南端の門倉岬へ。ここはポルトガル船が漂着して鉄砲を伝えた場所ということで、記念碑などが建っています。そして、当たり前かもしれないけど、海が綺麗。うーん、色が違いますなぁ。

そして種子島に来たらここに行かなあかんやろ、の種子島宇宙センター。ハイテク(死語?)の極みをちょっとイメージしてたのに、行ってみると、青い空、白い雲、透き通った海、輝く芝生、その上で弁当をむさぼり食う(^^)家族連れ。これはどうみてものどかの一言。どうも、この広大な敷地のあちこちに関係各施設が点在しているようです。確かに考えてみれば、扱うモノがモノだけに、万一の事故で一蓮托生に燃え尽きてもしゃれになりません。これくらいの広さが必要なのでしょうね。でも、そのために歩いて施設全部を見学するのは大変そうです。

今日は月曜日という事で、見学施設はお休み。外から建物とかだけを見て回って、内部は明日また来ることにしましょう。そうこうして島内一周して浦田のキャンプ場に帰ってきました。夜になったので携帯電話の留守電を確認すると(ドニーチョなので平日は夜しか使えない)、風邪をひいていたUさんから、1日遅れの今日種子島に渡りますというメッセージが。がーん、今日の昼に着いてたのね。全然知りませんでした。という事は彼も今種子島に居るという事だけど、どうやって探しましょう。困った…。

本日の行動
種子島
走行距離
200km
使用金額
2265円
南国な風景。ハイビスカス
南国な風景。ハイビスカス
乗りたいような乗りたくないような。火縄レンタカー
乗りたいような乗りたくないような。火縄レンタカー

あおやぎのさいと2.0ツーリングレポート