日本一周ツーリング 北海道編 7月1日

天候:曇り

さていよいよ7月。半年の休暇も半分を消化してしまいました。休暇が終わってからどうするのかは、まだ決まらないけど(^^)。

さて、今日は5日も過ごしてしまった稚内、礼文に別れを告げます。この稚内・礼文シリーズでは実質バイクに乗ってなかった。ほんとにツーリングに来たのか?(^^)

まずは東に向かって宗谷岬へ。ここは、以前も来たことがあるけれど、日本最北端という意味以外に特に景色が優れたところでも無い。正直言ってあまり面白い所では無いです。今回見付けた唯一面白かったものは、お土産物屋さんの一角で流氷をそのまま保存して見ることが出来るというもの。冷凍庫は零下13度ですから、外の気温とは30度も差があることになります。これは無料で見学出来ますから結構お得。お土産物屋さんの売上で運営しているから、是非買い物をしていって下さいと貼り紙がしてあったけど、私は何も買いませんでした。これから行く人は、是非私の分も何か買ってあげてください(^^)。

宗谷岬からは、今度はオホーツク海沿いのオホーツクラインを南下して行きますがこの道もちょっといまいち。両わきに民家がわりと多い上に、海岸線沿いをきっちり走るわけでもなく、景色が開けるポイントも少ない。オロロンラインが面白くてこっちはどうかと期待していたので、ちょっと肩透かしをくった気分です。

さらにこの日は結構寒くて眠くなってきたので、もっと走る積もりが興部でダウン。道の駅にある、列車を改造した無料宿泊施設で泊まることにしました。ちなみにこの列車、なかなか綺麗でトイレや洗面所もきちんとあって快適です。興部町のみなさん、どうもありがとうございます。

本日の行動
稚内→興部
走行距離
202km
使用金額
1367円
宗谷岬。観光地化してます
宗谷岬。観光地化してます
興部の列車を利用した無料宿泊所
興部の列車を利用した無料宿泊所
無料宿泊所の看板
無料宿泊所の看板
中はこんな感じ
中はこんな感じ

あおやぎのさいと2.0ツーリングレポート