ミニレポート集 伊賀上野の旅

時期:1994年2月頃 走行距離:約180km(?) 総費用:多分500円程度

次にツーリングに出かけたのは忍者の里、伊賀上野。なんでここを選んだかはよく覚えてないけど、国道163号を走って日帰りで行ける適当な目的地という程度の意味だけだったのではないかと思います。寝屋川に住んでいると、国道163号というのはよく利用するが、主に大阪市内方面に行くときに走るだけで、反対方向はどうなっているか見たこともなかったので、要はそれを知りたいというツーリングであります。

ということで、淡々と国道163号を東に走るのですが、これがなかなか気持ちいいルートでした。特に、木津を過ぎた辺りからは木津川と並走するため景色が非常に良い。幸せになって、上野の少し手前の土手で一旦休憩。しかしここに大きな罠が待っていました。

基本的にコンクリートに護岸された土手なのですが、一部支流が流れ込む所は土砂が堆積しています。何気なく、私がそこに足を踏み入れると「ズボッ!」と右足が膝の上まで埋まってしまうではないですか。そうです、土砂は私が思ったよりはるかに深く堆積していた上に、支流の水のおかげで全然乾いて無かったのです。片足が埋まった不安定な姿勢ではなかなか力が掛けられず、ちょっと苦労しながらも何とか脱出。しかし、当然ながら靴もジーパンも泥だらけ。仕方ないのでそのまま川に入ってあらかた泥を落とした後は、河原で昼寝をして乾かしました(^^)。私のツーリングでの昼寝グセは、元を正せばこの時がきっかけのような気がします。

その後、無事に上野に到着。とりあえず上野城くらいは行ってみたのですが、天守閣に登るのは入場料が要るのでパス。結局、上野では城跡公園をうろうろしただけで帰ってきました。


あおやぎのさいと2.0ツーリングレポート