はみ出し小話 オーストラリア

2002/11/10作成

北海道とくればお次はオーストラリア。

わたしは基本的に北海道とオーストラリアはツーリング適性が同じだと思ってます。どちらも道が走りやすく、宿や人々などもツーリングライダーに優しいです。ひところの国内ライダーの間では北海道の次にはオーストラリアへとステップアップ(?)していくのが定番だったのも頷ける話です。しかし、この定番も最近はすっかり廃れたのか、オーストラリアで日本人ライダーはほとんど見かけませんでした。Northern Walkersなんかを見ていると、海外ツーリングしている人なんてそこら中に当たり前のように居るように感じてしまうのですが(^^)。

わたしがオーストラリアツーリングというものを初めて認識したのは、そういえば中学生の頃でした。その頃、タレントの島田紳助氏が1ヶ月掛けてオーストラリアツーリングに出かけた話を聞いたのでした。多分1980年くらいの事だと思いますから、まだ日本でオーストラリアツーリングが一般化するよりも前の頃の事でしょうかね。ちなみに島田紳助氏、ツーリングから帰ってきての感想が「二度とあんなことするか」だったのですが、それが本音か反語かは定かではありません(^^)。

オーストラリアでツーリングと言えば、日本人ライダーの間で回されているというサザンクロスノート。結局わたしは実物を見ることが出来ませんでした。自分で始めるという方法もあるんですが、日本人ライダーにほとんど会わなかったので作っても意味が無かったと思う(^^)。他にも世界最悪の道カニングストックロードとかクレーターとかタスマニアとか。あ、こんなこと書いてるとオーストラリアにもまた行きたくなってきた(^^)。


あおやぎのさいと2.0ツーリングレポート