オーストラリアツーリング 準備編 ルートとスケジュール

オーストラリアをツーリングすることは決まりましたが、ではどのようなルートで走るかもある程度は決めなければいけません。もちろん、その場の思いつきで最終ルートは決定されるのですが、ある程度の大枠くらいは決めておかないと、事前の情報収集も出来ませんし道具も用意できません。極端な話、ツーリングのスタートをどこにするか決めておかないと、シドニーとパースではえらい違いです(笑)。

と言うことでまずはそれぞれの希望です。まずわたしの希望としては「エアーズロックに行きたい」「アウトバックを走りたい」の2点です。「この季節だったらスキーが出来るかも」ってのもありますが、それはまあほんとのおまけですね。次に海星さんはというと「ほんまもんの見渡す限りの地平線が見たい」「オーストラリアの非都市部に行ってみたい」という事のようです。お互い欲が無い(?)というか割と単純な希望ですね(^^)。これであればルート選定はそれほど難しくなさそうです。要はまんなからへんを走っていればいいわけです。

次にどこからスタートしてどこまで行くか、です。当初、わたしのマイレージ制約によりケアンズ発着案が有力になったのですが、シドニーに比べるとかなり田舎だそうです。正直出発地点としてのバイクや物資の調達が出来るかどうか不安になってきたので、ここは安全を考えてシドニー発をメインに考えます。ちなみに、海外ツーリングの情報の集まる掲示板で聞いてみた所ケアンズにもそこそこバイクショップはあるようなのですが、いかんせんわたしも海星さんも海外ツーリングは初めて。海外旅行自体があまり経験が無く、もちろん英会話も苦手。こんな状況ですから、少しでも不安要素は取り除いたほうがいいだろうという判断です。

ちなみにわたしはマイレージとしてノースウェスト航空のワールドパークスを利用しているのですが、ノースウェストとマイレージ登録提携していて日本-オーストラリアの航路を持つ会社はコンチネンタル航空しかありません。そしてコンチネンタル航空はケアンズにしか便を就航させていないのですね。しかもグアム経由で、週2便のみ。物資調達の点を除いても正直あまり便利そうではありませんでしたね。ちなみにこの状況は2001年4月時点での話なので、過去もしくは未来においては変わっていることと思います。

次にスケジュールです。まず出発は海星さんの仕事の都合上、5月中旬と言うことになりました。そして帰国はわたしが知人の結婚式に出席する都合上、6月中旬は外せません。これで一応現地に約1ヶ月居られることになるのですが、ここに来て凄い案が飛び出してきました。それは「6月のわたしの用事を一時帰国で済ます」というものです。確かにわたしの用事は結婚式に出席するだけですから、数日もあれば大丈夫でしょう。また、往復の飛行機代も格安チケットを使えば6万円程度ですから、それほど高いわけでもありません。わたしが一時帰国している間、海星さんには現地で待機してもらい、わたしのオーストラリアへの戻りを待ってツーリング再開というプランです。確かに、オーストラリアは広いですから1ヶ月くらいではまだまだ走り足りないという可能性は十分にあります。これは結構いいプランかも。

という事で、以上の状況を加味してだいたい現在のプランは以下の通りになっています。

5月中旬に日本を出発しシドニーへと向かう。現地でバイ・バック(買戻し保証)のオートバイを購入する。期間が決まっているとレンタルバイクの方が便利でお得になる場合もあるのだが、今回はツーリングの期間が決定していないので購入となる。
シドニーよりツーリング開始。ちょろちょろとアウトバックを寄り道しながらアリススプリングスを目指す。目的はもちろんエアーズロック。エアーズロックを見たら、そのまま北上しダーウィンもしくはケアンズに抜ける。ここまで来た時点でもうツーリングはおなかいっぱいになっていたら、てれてれとシドニーまで走ってゴール。そのまま日本に帰国しわたしは知人の結婚式へ。もしもおなかいっぱいになっていなかったら、わたしは一時帰国し海星さんはオーストラリア残留。ま、ケアンズ周辺ならばグレートバリアリーフでダイビングも出来るでしょう。
んでもってわたしのオーストラリア復帰をもってツーリング再開。そっからどこに行くかは未定だけど、まあ西へ行くでしょう。後は時間の制約は3ヶ月のビザ滞在期限のみ。
そして、こういうプランだったら帰国の飛行機は日程も出発空港も未定だから、出来るだけ多くの空港をカバーしている航空会社の90日オープンチケットを手配しておく。

んー、ずいぶんアバウトなようだがこんなんでええんかな(笑)。

(2001/5/7追加)

チケットですが、条件に見合うものが無かったため28FIXのものを購入。どうせわたしは一時帰国するし、海星さんも一緒に帰るのも可だし復路のチケットを捨てるのも可。という選択になりました。

(2001/5/14追加)

18日のシドニー到着は早朝なのですが、バイク購入やその他日用品などの購入、準備などをしていると、その日中に出発するのはちょっとしんどいかな、という話になりました。もちろん、ユースホステルなどの宿をその場で探してもいいのですが、当日くらいは手間無く行動したいなぁ、ということでちょっとリッチに日本からホテルを手配しておくことにしました。取れたのはシドニーのDE VERE HOTELという所で、ツインで7500円でした。


あおやぎのさいと2.0ツーリングレポート