オーストラリアツーリング 資料編 見どころ

日本でツーリングした事のある人なら、大抵は昭文社のツーリングマップルを持っていると思います。もちろんわたしも持っています。わたしがこのツーリングマップルの好きな点は、普通のガイドブックには載っていない、バイクでツーリングするにあたっての見どころ情報が満載されている事です。これさえあればガイドブックは特に必要ありません。実際、わたしは日本一周をする時でも、ツーリングマップルだけを頼りにツーリングしました。

オーストラリアでは、地図はたくさん売っていますが、このような見どころ情報については残念ながら見つけられませんでした。そこで、たいした量ではありませんが、わたしなりに気に入った場所、気がついた所などを挙げておきたいと思います。

ロードハウス

全国にたくさんのロードハウスがありますが、中にはオーナーの趣味丸出しの変わったロードハウスがあります。

MOOMOO ROAD HOUSE
始動編 5月27日
NSW州のPACIFIC HIGHWAYのどこかにあります。正確な場所は忘れてしまいました(^^)。ロードハウスの外壁から商品まで、全てホルスタイン柄に統一されています。
PINK ROAD HOUSE
再開編 7月10日
ここはかなり有名なようです。SA州のOODNADATTA TRACK上のOODNADATTAにあります。外壁から内装までかなりの部分がピンクに塗りつぶされています。しかし、ピンクに塗っていない部分も結構あるので、わたしとしてはいまいちなのですが(^^)。
UFO ROAD HOUSE
共走編 7月23日
NT準州のSTUART HIGHWAY上、WYCLIFFE WELLにあります。この近くでUFOが目撃された事があるらしく、それにちなんでロードハウスが全てUFOちっくになっています。UFOの模型とエイリアンの実物大(?)人形もありますので、一緒に記念写真を撮ることも出来ます。

温泉

日本の様に温泉天国というわけではありませんが、それでもいくつか温泉が沸いている様です。ただし、日本の様に裸で入浴するという習慣はオーストラリアにはありませんので、必ず水着を着用しましょう。

MITCHELL
始動編 6月4日
QLD州のWARREGO HIGHWAY上にあります。ここは入場料を取られますが、わりと綺麗な施設になっていますので、気持ちよく入浴する事が出来ます。湯治に来る人も多いようです。
KATHERINE
共走編 7月25日
NT準州のSTUART HIGHWAY上にあります。川の途中に源泉があり元々の川の水と合わさって良い湯加減になっています…というかちょっとぬる過ぎかな。川の途中に堰を作ってあり、温水プールの様になっています。
MATARANKA
共走編 7月24日
同じくNT準州のSTUART HIGHWAY上にあります。KATHERINEとは100km程しか離れていませんから両方行ってもいいでしょうね。こちらもKATHERINEと同じように川の一部に温水プールの様になっています。周りが熱帯ジャングルになっているため、わたしはこちらの方が好きです。

クレーター

WA州のTANAMI TRACK上にWOLFE CREEK METEORITE CRATERという世界で2番目に大きいクレーターがあります。ここではクレーターの底でキャンプが出来るという話も聞いたのですが、残念ながらわたしは行っていないので確かめられていません。

南回帰線

始動編 5月31日
共走編 7月23日
単走編 8月3日

オーストラリアは南回帰線の通っている国です。ちょっと地球儀を眺めてみましたが、他に南回帰線が通っているのは南米とアフリカで、どちらも日本からはちょっと簡単には行けません。日本から比較的簡単に行ける南回帰線の通っている国はやはりオーストラリアになるのでしょう。社会人ライダーの場合、長期休暇の取り易さと現地の気候の関係上、年末年始にオーストラリアに行く人も多いと思います。その場合、スケジュールを調整して12月20日頃に南回帰線上に行き、真上に来る太陽を見てみるのもいいかもしれません。

トリプルボーダー

オーストラリアには7つの州(内一つは準州)が在るわけですが、三つの州に同時に接する地点は4ヶ所しかありません。アウトバックの何も無い地域にありますが、一応道は通じている様です。そこに行けば、三つの州境の碑が建っているようですから、それを見に行くのも面白そうです。


あおやぎのさいと2.0ツーリングレポート