オーストラリアツーリング 単走編 8月6日

天候:晴れ時々雨

今日すべき事はバイクの定期点検とタイヤ交換。これはPERTHじゃないと出来ないので是非ともやっておかないといけません。例によって、4/115 ALBANY HIGHWAYというなんじゃこりゃーという住所だけを頼りにALBANY HIGHWAYをしらみつぶしに探しました。なんとか1往復しただけで無事にYAMAHAのディーラーを発見。さっそく定期点検とタイヤ交換をお願いすると、「11時に来い。作業時間は2時間くらいだ。」とのこと。あら、1時間半という中途半端な時間が空いてしまいましたね。

この時間をどうするか。ちょっと考えた後、CITYを一望できるというKINGS PARKへ行ってみる事にしまいた。KINGS PARKはCITYに隣接するようにありますので、すぐに行って帰ってくる事ができます。CITYの一方通行にちょっと苦しみながらもKINGS PARKに到着。ここは公園内にTourist Driveがあって、バイクに乗ったまま進入することができます。制限速度40km/hの公園内をぼちぼち走っていると、見えてきましたPERTH CITY。これは綺麗だ。かなり感動してしまいました。CITYのビル群、大きく目の前に広がるSWAN RIVER。いい景色です。そしてこの公園自体も綺麗な所で、久しぶりに森の中をバイクでのんびりお散歩できました。

さて、一通りKINGS PARKを楽しんでいると約束の時間になりましたので、再びバイク屋に。CAUSEWAY YAMAHAに着いてバイクを預け、何時に取りに来たらいいかを聞くと、2時に来いとのこと。あれ、さっきより1時間延びてる。でもまあ仕方ないですね。

3時間の時間が空きましたが、バイクが無いので移動手段がありません。CITYに歩いて戻ると片道1時間くらいかかりますので結構大変。仕方が無いので、先ほどバイク屋を探すときに見つけたスーパーに行って食糧買い出しをすることにしました。てくてく歩いてスーパーまで向かうのですが、バイクで通ったときはすぐに辿り着いたのに、当たり前ですが歩いてだととんでもなく時間がかかります。結局片道30分掛かってしまいました。スーパーでこれから走るダートロード用の非常食と今日の昼ご飯を買って、昼ご飯は外のベンチで食べました。なんだかんだと過ごしていると1時半になりましたので、再び30分歩いてCAUSEWAY YAMAHAへ戻ります。ちなみにこの時はオフロードブーツを履いています。ちょっと足が痛くなってきた。

CAUSEWAY YAMAHAに戻ってみると、なんとまだ出来ていないので2時間後に来いとの事。ええー、それじゃ話が違うよぉ。というか、最初からそれだけ時間が掛かると分かっていれば、先に他の用事を済ませる事も出来たのに。ぶつぶつ。もちろん、わたしの英語力ではそんな細かな事まで話せませんので、心の中で思っただけですけど(^^)。ALICE SPRINGSでバイクの修理が出来るまで、何度もバイク屋に通っていた海星さんの気持ちが少し分かった様な気がします。たしかに、これではげんなりします。

さて、バイクのメンテが完了するのが午後4時という事になってしまいました。今日は他にアボリジニランドのpermitを取る作業もありますから、4時までここで待っている訳にはいきません。仕方なく、一旦CITYまで歩いて戻ることにしました。てくてくてくてく…やっぱり1時間掛かってようやくYHAに戻ってくる事ができました。今日はこれで合計2時間程をオフロードブーツで歩いたことになります。お陰で、治り掛けていた靴ずれが再発です。結構痛い。

まず、NT準州内のpermitを取り扱うCLCはPERTHに出先窓口がありませんから、FAXを使うしかありません。CITYにあるFAXを送受信出来るサービスのお店に行って、permitの申請用紙を書いて送信。ちなみに申請フォーマットが手元に無いので仕方なく前回申請した時の内容を思いだしながら内容を書きました。こんなことならALICE SPRINGSでCLCに行ったときに、申請用紙を何枚か貰っておけば良かったですね。ちなみにここのFAXサービス。送信がA$3.00で受信がA$2.00ってちょっと高くないですか?わたしの場合は背に腹は代えられませんので仕方ありませんけど。

そして今度はPERTH CITYにある、WA州の分のpermitを取りに、ALTという役所へ。例によって例によるストリートの名前だけの住所を頼りに辿り着きました。だんだんオーストラリア流に慣れてきたのでしょうかね。ここはかなり立派なオフィスビルで、わたしの汚い?オフロードウェアで入るのはちょっと気が引けましたがそんなことは言ってられません。ALTの受付に行って、permitが欲しいのだけれどと伝えると、この受付のアボリジニのおねえさんが親切に応対してくれました。感じいいですね。その場で申請用紙を貰い、必要事項を記入。おねえさんに手渡すと、じゃあpermitが出来たら送るからね。と言われてしまいました。送るからねと言われても、申請用紙に書いた日本の住所に送られても困ります。今この場で欲しいと言うと、この場では渡せないとのこと。どうやらこのALTという所はpermitを発行するところでは無く、手続きの窓口になっているだけの所のようです。今書いた申請書を本来の役所に送って手続きをしなければいけないので時間が掛かるようです。それでも困る〜という話をすると、分かった。明日の朝一番に手続きするようにするので、10時か11時に取りに来なさいとの事。おおー、やっぱり親切だぁ。でも、ALICE SPRINGSではその場でpermitを貰えましたので、やはり手続きをするならALICE SPRINGSでやった方が便利なようですね。

しかしここでわたしひとつの敗北。なんとも親切な事ですが、ALTで貰った申請書には、CLCの申請書もセットで着いているではないですか。先ほどこれがあれば苦労しなかったものを…。言っても仕方が無いですけどね。

というところでそろそろ時間も遅くなってきたので、再び歩いて1時間。CAUSEWAY YAMAHAに行ってみると、今度は無事に作業は完了していました。前後のタイヤもヒゲだらけの新品。いい感じです。「新品のタイヤは滑るから気をつけろよー。」「そりゃそーだ、ありがとう。」てな会話を交わしてバイク屋を後にします。

先ほど歩いて1時間掛かった道をバイクで10分くらいで走り抜け、今日何度目かよく分からないCITYへと帰還。先ほどのFAXサービスのお店に行って、わたし宛のFAXが届いてないか聞いてみると、届いてないよとのこと。送った時間が遅くて今日の作業に間に合わなかったのでしょうか。項目が足りなくてって事がなければいいのですが。

今日の作業はこれでおおよそ完了。後は、以前SYDNEYで書おうとして買えなかったマップツアーという旅行代理店発行のラウンド情報本を買いに、マップツアーのPERTH店へ。ところが、実際に行ってみてその本を見てみると、全国のバスの時刻表とYHA一覧といった内容でした。わたしはバイクでツーリングしていますから、バスの時刻表は要りません。YHA一覧も、オーストラリアのYHA協会が発行している冊子を持っていますから必要ありません。わたしは、ラウンドしたバックパッカー達の口コミ情報集の様なものを想像していたのですが、そういうものでは全然ありませんでした。これでは申し訳ないけど、わたしには必要ないです。

とまあ、ラウンド本が期待したものと違ったのは、わたしの勝手な思い込みですからそれはそれでいいのですが、問題はこのマップツアーの店員の態度。はっきり言ってかなり横柄です。SYDNEY店の店員もかなり横柄でしたから、きっと会社の方針なんでしょうね。普段出会うオージーがとてもにこやかで親切なだけに、逆に日本人のこういう態度が気になってしまいます。

走行距離
41km
買い物
食糧 A$15.60、FAX送信 A$3.00、インターネット A$5.00、夕食 A$5.65、洗濯 A$3.60、フォンカード A$9.95、ドリンク A$1.40
KINGS PARK
KINGS PARK

あおやぎのさいと2.0ツーリングレポート