オーストラリアツーリング 単走編 8月5日

天候:晴れ

さーむーいー。朝はかなり寒いです。温度計を見ると7度なのですが、体感的にはかなり寒くなってきました。やはりこの緯度でキャンプをするのはちょっと厳しいですかね。寝ている分には海星さんに買ってきてもらった3シーズンシュラフが役に立っているので大丈夫なのですが、テントの外に出ると厳しいですね。おおよそ南緯25度以南ではキャンプは止めたほうが良さそうです。

さて今日の予定はPERTHに着くこと。PERTHまでの距離は約400km。ひたすら走って走って、もちろん途中で休憩も挟みながら、走りつづけます。走っている間は特に大したこともなく、いよいよPERTH市街へと近づいてきました。CITYまであと10kmくらいかなぁ、という所でついに見えました。CITYの高層ビル群。ようやくやってきました西の果ての都、PERTH。SYDNEYを出てから約1カ月。長かったですねぇ。

CITYに入ってみるとさすがに大都会。広い上に、一方通行が多くて、ちょっと道に迷ってしまいます。というか、なかなか思うところに行けません(^^)。この辺り、一目見て街の全てが見渡せる様な、OUTBACKの街とはえらい違いですね。PERTHは世界で一番住んでみたい街と呼ばれているそうですが、そう思ってみるとたしかに綺麗な町並みに思えてきます。大都会の割にそれほど高い建物もありませんし。

今日の宿を取りにCITYにあるYHAに行ってみると、なんと今日は無事に泊まれました。これまで大きな都市では連敗続きでしたが、そろそろスクールホリデーも終わりになってきたのでしょうかね。

YHAに荷物を置いて、さっそく街の中を散策。今日は日曜なのに、もしくは日曜だからかモールなど一部を除いて、あまり人通りがありません。やはり大都会とはいえ、SYDNEYなどとは比べ物にならないという事でしょうか。しかし、地図を少し眺めてみただけでも理解できますが、街が広いです。あたりまえですが。とても1日や2日で街の全てを回るという訳にはいきません。これまたやっぱりバイクで10分あれば全ての通りを通れるアウトバックの街とはえらい違いです。

モールを歩いていると、回転寿司の店を発見。これはSYDNEY以来ですかね。確かにPERTHの街を歩いていても日本人をよく見掛けますし、留学でも人気の所らしいのでこういうお店があってもおかしくないのでしょうね。で、わたしですが、やっぱりお店に入ってしまいました(^^)。別に日本食が恋しいわけではないのです。もともと、洋風の食事で舌が育っていますし。この1カ月程ご飯も味噌汁も全く食べていませんが、平気ですし。ただ、オーストラリアの地で寿司というのはかなり珍しい食べ物で、珍しいとなると興味を惹かれる。ただそれだけです(^^)。ちなみにお寿司は、アナゴの出来が変だったのを除けばほぼ日本の寿司屋と変わらない味。こちらならではの変わったネタというのは特にありませんでした。逆にイカやタコといったネタが無いのでなんだかとっても種類が少ないように感じますね。

夜、特に用事があるわけでは無いのですが、ちょっと海星さんに電話してみました。ここで一つ教えて貰った事は、例のShellのペトロールがバイクに良くないというのはちょっと誤解があって、Shellの中でもOptimaxという特別なブランドのペトロールだけが良くないそうです。そしてOptimaxというのはちゃんと明記してあるし、全てのShellのスタンドで置いている訳でもないそうです。それは安心なのですが、ではなぜ海星さんのバイクだけがエンジンが2度も壊れたのか。やはり、海星さんが常時フルスロットルで1日に600kmも700kmも走ってエンジンに無理を強いたという事なのでしょう(^^)。

そして、海星さんは明日の夜の飛行機で日本に帰るそうです。これまで、別々に走っていましたが、同じオーストラリアをバイクで走っていると思うだけでちょっとほっとしたというか安心出来ていた部分があったのですが、いよいよ明日からはわたしは本当に一人きりです。寂しい、というわけではないのですが、なんだかちょっと変な気分です。

走行距離
415km
買い物
ドリンク A$2.10、ペトロール 17.15、YHA(2日分) A$34.00、インターネット A$3.00、寿司 A$19.20、電池 A$7.95、フォンカード A$10.00
PERTHの高層ビル群
PERTHの高層ビル群

あおやぎのさいと2.0ツーリングレポート