オーストラリアツーリング 単走編 8月4日

天候:晴れ後曇り

DARWINを出て以来の、ながきに渡ったWA州ロードハウスだけめぐりの旅も、いよいよあと少しとなってきました。当面の目的地であるPERTHまで残すところわずか900km。900kmをわずかと言ってしまう辺りに、わたしの距離感覚も随分オーストラリアに染まってきたなという感じですが。しかし、WA州に入ってからは本当に何も無かった。道とロードハウスのみです。街は無くはないのですが、多くはHIGHWAYから少し離れた所にありますからほとんど立ち寄っていませんし。ただ道があるだけ、見渡す限り地平線という風景が延々と続くと言うのは、日本でイメージしていたオーストラリアツーリングそのままなのですが、実際にその中に居ると正直言って少々退屈(^^)。とはいえ、後2日でいよいよPERTH。久しぶりのかなり大きな街です。

お昼ごろに休憩している時に海星さんに電話してみると、今朝無事にSYDNEYに到着したそうです。海星さんのツーリングはこれで完結ですね。これまで2度もエンジン破壊というトラブルに巻き込まれながらも、無事に着いて何よりです。海星さんおめでとう&お疲れさま。話を聞いてみると、バイクはやっぱりREDBARONで売ったそうです。心配だった査定の時間や売却の手続きは思ったよりずっと簡単だったそうで、全部含めて1時間くらいで済んだそうです。それは良かった。手続きのためだけに、何日か余裕を持っておこうかと思ったのですが、そこまでする必要は無さそうですね。ちなみに海星さんのXTの売却値段はA$2000だそうです。ただし、エンジンの調子がやはり悪いそうなので、その修理にYAMAHAの保証が効かないようなら、その修理代としてA$1000を差し引かれるそうです。でもA$2000で売れれば結構いい値段ですよね。そして、なんと代金はREDBARONから直接日本の銀行に振り込んで貰うことが出来るそうです。売却したとき、現金で貰っても日本円に換金するときレートが悪くなるから困るよなぁ、と言っていたのですが、これなら比較的有利な銀行レートで換金出来るそうです。何より、多額の現金を持ってSYDNEY市内を歩かなくて済むのがありがたいですね。

さて、海星さんのツーリングは終わりましたがわたしのツーリングはまだまだ続きます。そして、やってきましたまたしてもShellのロードハウス。しかしここで入れなければ次のロードハウスまで走れませんから、仕方なく5リットルだけ給油。次のロードハウスで満タンにすれば、添加材も薄まる事でしょう。

今日の目的地はGERALDTONという街ですが、街が近づいてくるに従って、これまでのOUTBACKの荒野から田園風景へと景色が変わってきました。田園と言っても日本の様に田んぼがあるわけでは無く、畑と牧草地なのですけど。景色に変化があるのはありがたいのですが、道が細かく曲がりくねるようになってきたので、ちょっと走るのが大変です。うーん、我ながら勝手な言いぐさですが。OUTBACKを走っている時はいやになるぐらい道がまっすぐだったのですが。

そしてGERALDTONの街に無事に到着。これまた結構大きな街の様です。しかし、逆に大きすぎてキャラバンパークを探すのにちょっと手間取ってしまいました。小さな街の場合は全ての設備が一つの場所にまとまっていて便利なのですが、大きな街はこういう時に逆に不便ですね。

走行距離
488km
買い物
ドリンク A$2.75、チョコレート A$2.20、ペトロール A$5.30、ペトロール A$13.80、キャンプ A$10.00、食糧 A$5.75

あおやぎのさいと2.0ツーリングレポート