オーストラリアツーリング ダート編 8月12日

天候:快晴

今日はAYERS ROCK RESORTまで走ってしまう予定ですが、途中DOCKER RIVERという所で補給は可能です。ここのロードハウスが日曜は11時から12時までしか営業していないので、11時までに着けば大丈夫です。DOCKER RIVERまでは100km程ですから、今日の朝はゆっくりしてもいいな、と思っていたら本当に寝過ごしてしまいました。起きたらなんと8時。朝食を食べてテントを叩んで出発出来たのは9時でした。これだとちょうど開店する頃に到着する事になりそうですね。しかしこのDOCKER RIVERのロードハウス。今日は変則的な 営業時間です。それでも、日曜に営業してくれているだけ助かると言えば助かるのですが。

出発して40kmくらいまでは比較的平坦で走りやすい道が続きました。しかし、例によってそんなに甘い道がいつまでも続くわけがなく、だんだんとコルゲーションが出てくるようになりましたけど。そして、DOCKER RIVERの少し手前でWA州とNT準州の州境がありました。ただ看板があるだけの、ちっぽけな州境です。検疫所もあるわけがありません(^^)。これでいよいよWA州ともお別れでNT準州に帰ってきましたね。と言っても、WA州にはもう1度戻ってくる予定なのですけど。また、州境とDOCKER RIVERの間にキャンプ場の看板が出て いました。これは地図に乗っていなかったので知りませんでした。おそらく簡易トイレとごみ箱とテントサイトがあるだけの無料キャンプ場でしょうけど、この位置に宿泊可能な場所があるというのは、分かっていれば計画を立てる時に参考になったかもしれませんね。

そうして、DOCKER RIVERに到着。ここもアボリジニの小さなコミュニティになっている様で、何軒もの家が立ち並んでいました。ちょうど11時になっていましたので、ペトロールを補給。ちょっと休憩をしていると、テイクアウェイのお店も開店時間になったためか、あちこちからアボリジニが集まってきました。そして子どもたちもたくさん居るのですが、やはり日本人の旅行者が珍しいのか寄ってくる寄ってくる。と言っても、少し距離を置いて見ているだけなのですけど。ちょっと見せ物になった気分です。また、ここの子ども達はパンツだけは履いていました。逆に言うとパンツしか履いてなかったのですが(^^)。

ついでに何か食べ物を買っていくかとテイクアウェイショップに行ってみてちょっとびっくり。このお店の営業時間が、水曜から日曜の11時から13時半と15時半から17時半になっています。月曜と火曜はお休み。この営業時間がテイクアウェイだけなのかペトロールもなのか、聞いてみれば良かったのですが、聞くのを忘れてしまいました。わたしが来た今は営業しているからいいのですが、知らずにやってきて営業していなかったら、AYERS ROCK RESORTまで350km程を無給油で走らなければいけない事になりますから、ちょっと厳しかったでしょうね。

それともう一つ驚いたのが、このお店の店員は白人だったのですが、なんと流暢な日本語を話される。これにはかなり驚いてしまいました。だって、オーストラリアのアウトバック基本的にアボリジニしか住んでいない街で、まさか日本語を話す人が居るとは思わないじゃないですか。なんでもこの人は6年くらい日本に住んだことがあるらしく、あっちこっちを行ったり来たりしながら暮らしているそうです。それにしても、オーストラリアの白人からから見たら日本もアボリジニコミュニティも、どっちもとてつもない遠い場所だと思うのですが。

そんなDOCKER RIVERを後にして、目指すYULARAまでダートを200km!うーん、200km。改めて考えてみると、やっぱりちょっとげんなりですかね。それでもまあ、それほど道が荒れる事も無く、転倒する事も無く走ってきました。そして、ダートを残すところ50km程というところで、なんと対向車にバイクが来るではありませんか。今まで、GREAT CENTRAL ROADを走っていてバイクは1台も見掛けませんでした。こんな道をバイクで走る物好きがわたしの他にも居たとは。って、別にそれほど珍しい事ではないんですけどね。それでもバイクを見掛けたのは今回のダートで初めてだったので、なかなか嬉しかったですね。片手を挙げて挨拶して通り過ぎましたが、後から考えるとちょっとでも停まって話をすればよかったですね。向こうにしても、これから先の道の状態などを聞きたかったでしょうし。 それにしても、今の時間が2時半ですから、これから宿泊可能なWARAKURNAロードハウスまで、どれくらいの時間で走る積もりなのでしょうね。日が暮れるまでに無事に着けばいいのですが。

そして、ついに…ついに見えてきました。道の真っ正面にKataTjutaが!やっぱり、GREAT CENTRAL ROADを走るにあたっては西から東へで正解でしたね。逆に走るとゴールはLAVERTONの街という事になりますが、LAVERTONにはこれといって何があるわけでもありませんからね。それよりはKataTjutaとUluruが出迎えてくれる方が嬉しいというものです。

しかし、見えてからが遠い。やっぱりKataTjutaは大きいだけあって、遠くからでも見えてしまうのですね。正確に計っていませんが、結局KataTjutaが見えてから更に15分程走ったでしょうか。ようやくダートの切れ目が、KataTjutaとUluruへの交差点が見えてきました。これでGREAT CENTRAL ROADを完走です。一度も転倒することなく、走りきる事が出来ました。事前に聞いた情報にあった、深い砂地はどうやら補修された様でありませんでした。4日間、約1100kmの道のりもこれにて終了です。やったー。

Uluru-KataTjuta国立公園内の舗装路を、一路AYERS ROCK RESORTへと向かいます。当たり前と言えば当たり前ですが、DOCKER RIVER方面から来ると国立公園へのゲートはありませんので、入場料を取られる事もありません。ただで入場出来た事になります(^^)。しかし、ここでゆっくりとUluruやKataTjutaを見ていく体力の余裕はありませんのでパスしてキャンプ場へ。1泊だけにしようかと思ったのですが、よくよく考えるとここUluruでやり残した事もありますので、2泊で申し込んでテントを設営しました。

シャワーを浴びて汗と泥を落とし、OUTBACK PIONEER HOTELへと歩いて移動し、BARにてビール!うまい!くー、うまい。しかし、こういう時に一人旅だと一人で呑むしか無いのでつまんないですね。海星さんが居たら良かったなぁと思う瞬間でもあります。

走行距離
331km
買い物
ペトロール A$6.00、昼食 A$2.00、キャンプ A$24.20、ビール A$10.00、夕食 A$9.15、食糧 A$13.00、日用品 A$12.70
NT準州に帰って来た
NT準州に帰って来た
あと少しでGREAT CENTRAL ROADもお終い
あと少しでGREAT CENTRAL ROADもお終い
GREAT CENTRAL ROAD完走!
GREAT CENTRAL ROAD完走!

あおやぎのさいと2.0ツーリングレポート