オーストラリアツーリング 再開編 7月4日

天候:晴れ

寒いです。めちゃめちゃ寒いです。一応キャビンの中にいるのですが、所詮板壁ですから、大した寒さしのぎにはならなかったようです。とにかく寒い。結局、寒さのために熟睡することが出来ず、うとうとし続けで朝を迎えてしまいました。起きて温度計を見てみると7度。おそらく明け方には5度以下に下がっていた事でしょう。考えてみると、今居る所はSYDNEYよりも更に緯度が高いわけですから寒くて当然ですね。しかも、まだGREAT DIVIDING RANGEの一部に居ることでしょうから標高もそこそこあるのでしょう。どうやら、もっと北上するまで夜をキャンプで過ごすのには無理がありそうです。昨日、けちってテントで寝るって言わなくて良かったです。テントよりはキャビンの方がマシだったでしょうから。

結局、少しでも暖かくなるまでという事でチェックアウトの10時ぎりぎりまで居てようやく出発。今日も寒いので朝からカッパ装着です。海星さんが居たら、また笑っていたでしょうねぇ。HUME HIGHWAYをえっちらおっちら西へ西へ。途中からSTURT HIGHWAYにチェンジして更に西へ西へ。HUME HIGHWAYを走り続けているとMELBOURNEに着けるのですが、今回その予定は無いし、現状ではそんな南には行きたいとも思いません(^^)。

途中WAGGA WAGGAという街を通過。ところで、オーストラリアの道では、この先の街の名前の頭文字とそこまでの距離を書いた小さな看板が道路脇に立っています。例えばSYDNEYまで100kmだと"S 100"という風に。ところが、このWAGGA WAGGAまでだけは、何故かというか当然というか"WW 100"というように標記されています。ちょっと笑ってしまいました。

WAGGA WAGGAを過ぎた辺りから、緩やかなアップダウンが続いていた道路が平らになってきます。おそらく、GREAT DIVIDING RANGEをようやく抜けたのでしょう。それならそれで少しは暖かくなってくれてもいいのですが、気温はそれほど変わらないようです。相変わらず寒いです。

その後NARRANDERAという街で泊まろうかとも思ったのですが、いきおいで通過。そのまま更に約170km程先にあるHAYという街まで辿り着きました。今日の走行距離約440km。もちろんオーストラリアにおけるこれまでの最高記録。ここまで頑張って走らなければならなかったわけでも無いのですが、ここで少しでも貯金しておくと先で余裕が出来るかな、と思いまして。海星さんとは15日頃にUluruで待ち合わせの予定ですから、現状めちゃめちゃ余裕があるというわけではありません。

ところで今日は夕方までフルに走ったため、めずらしく夕日を見ることが出来ました。ほぼ地平線に沈み行く夕日を横にバイクを走らせる。ちょっと自己陶酔の瞬間です(^^)。そして日没の瞬間はバイクを止めてじっくり鑑賞。しっかり堪能はしましたが、こちらの夕日はどういうわけかあまり夕焼けにはなりませんね。どうしてでしょう。天気によっても違うのかな?

そして今日の夜は、昨日の反省を踏まえてモーテルに。シングルでA$50.00とお金は掛かってしまいますが、寒いのに比べればこっちの方がいいですよね。

モーテルの近くのロードハウスで海星さんに国際電話。待ち合わせの打ち合わせをした後、ここで一つお願いをしてしまいました。それは寝袋を買ってきてもらう事。わたしが今持っている寝袋は夏用のかなり薄手のものです。これはこれで非常にコンパクトで携帯には便利なのですが、さすがに今の気温ではとても耐えられません。かといってこれからしばらくは大都市に立ち寄る予定もありませんから、こちらで買うことも出来ません。という事で海星さんに日本で買って来てもらおうという腹です。自分勝手なお願いですが、海星さんが快諾してくれて良かったです。すぐに夜が暖かく過ごせるわけではありませんが、海星さんと再会すれば大丈夫と思うと、気分的にも助かりますね。

走行距離
441km
買い物
ペトロール A$17.10、昼食 A$5.20、モーテル A$50.00、食糧 A$7.30
キャビンの前で
キャビンの前で
ゆ〜ひ〜
ゆ〜ひ〜

あおやぎのさいと2.0ツーリングレポート