オーストラリアツーリング 単走編 7月31日

天候:快晴

毎日天気の欄に快晴と書いていますが、本当に毎日雲一つ無い快晴が続いています。というか、この時期のオーストラリアではこれが当たり前なのではないかと思うのですが。YULARAに居たときの雨続きの天気の方が異常ですよね。

出発して西へ西へ。このまま160km程走るとBROOMEという街に着きます。この間会ったスクーターライダーに教えてもらったのですが、BROOMEでは月に数日間、月光が水面に階段上に映り込む、月の階段という現象が見られるそうです。ちょっと興味はわきますが、次に見られるのは8月5日頃との事。その為に1週間近くも停滞するのも何ですのでわたしは残念ながらパスです。スクーターの彼は見たいと言っていました。この天気だと、曇りや雨で見れないという事は無さそうですね。

BROOMEに立ち寄ることも無くGREAT NORTHERN HIGHWAYを走っていると、本当に何にも無い。レストエリアすらありませんし、景色もそれほど変わり映えがする訳ではありません。ちょっと退屈ですかね。それと暑い。途中休憩した時に温度計を見てみると何と30度。湿度が低いようですから、蒸し暑いという事はありませんが日光がちくちくするほどに感じられます。

そして、今日はSANDFIREというロードハウスのキャラバンパークにて宿泊。ここまで来ると、PORT HEDLANDまであと少しです。その先は、当初の予定ではNORTH WEST COASTAL HIGHWAYを続けて走る積もりだったのですが、ここにきて気が変わってきました。なぜNORTH WEST COASTAL HIGHWAYを走りたかったかというと、そちらが海沿いで景色が変わりそうだと思ったことと、こちらを通るとオーストラリア一周と言えるかな、と考えたからです。しかし、今日ここまでの道を走ってきて、一応海に近いところを通っているにも係わらず全く海は見えません。地図を見てもかなり内陸にルートがとってありますから、今後も海の景色は期待できそうにありません。また、全体地図を見て考えてみても、ここでNORTH WEST COASTAL HIGHWAYを通らなかったとしても、オーストラリア一周をしていないとは言えないですよね。立派に一周しています。それと、NORTH WEST COASTAL HIGHWAYを通ると、内陸のGREAT NORTHERN HIGHWAYを通る場合に比べて1000km程余計に走らなければいけないのです。正直言って、WA州に入ってから、かなり何も無い道ばかりを走ってきて、ちょっと退屈してきているところがあります。この様な状態が続くくらいなら、さっさとPERTHまで着いた方がマシですね。という事で、ちょっと明日からは予定変更して、GREAT NORTHERN HIGHWAYにしましょう。

テントを張ってタイヤを何となくタイヤを見てみると、またしてもフロントタイヤが減り始めてきた様です。今日の朝よりは確実に減っていますから、このペースで減っていくとどこまで持つか心配な感じです。しかし、よく見るとどうもタイヤの表面が溶けている様ですので、おそらくこの気温で高温になったアスファルトの熱で溶けていっているのでしょう。となると、気温が高くなる午後は避けて走るようにするのがタイヤには良さそうですが、まさかそこまで気にしてスケジュールするわけにはいきませんしねぇ(^^)。

さて、早めにテントを張って時間が余ったので、久しぶりに海星さんに電話してみました。まだ午後4時ですが、海星さんが居る東部時間では午後6時ですからそろそろ宿に入っている頃でしょう。で、電話が繋がって話してみると、なんとまたしてもバイクのエンジンが故障したそうです。今度はシリンダーがバラバラになってしまったそうな。ピックアップしてくれたバイク屋の人によると、Shellのペトロールには添加財が含まれているので、車にはいいけどバイクのエンジンには良くないそうです。海星さんはもちろんそんなことは知りませんから、何気にShellで入れてこういう目にあってしまった様です。しかし、わたしももちろんそんな事は知りませんし、これまでに何度もShellでペトロールを入れた事はあります。第一、今走っている辺りってペトロールのブランドを選ぼうにもそれしかない事の方が多いです(^^)。まあ、それでも今後は選択の余地があればShellのペトロールは避けるようにしましょう。それでも、わたしのTT600Rの場合はビッグタンクですので、いつもある程度のペトロール残量がある状態で給油していますから、たとえShellのペトロールを入れても混ざってある程度は緩和される事は期待できるでしょう。海星さんのXTの場合はノーマルタンクですから、結構ギリギリまでねばって入れて全量がShellという様な事になったのではないかと想像されます。しかし、エンジンが壊れたものの、海星さん自身は元気そうでしたので、その点は救いです。

キャラバンパークでのんびりしていると、久しぶりにオージーのおじさんに話しかけられて少し話をしました。わたしがSYDNEYからここまで来たと言うとそれは凄いと驚かれてしまいました。うーん、そんなに凄いのか?凄いのかもしれない。それと、NORTH WEST COASTAL HIGHWAY沿いにあるCORAL BAYという所はすごく綺麗な所でいいぞと教えてもらったのですが、残念ながらわたしはそちらのルートは通らない予定です。確かに地図で見ても良さそうな所には思えたのですが、その為に1000km多く走るのは現状ではちょっと辛いです。また、PERTHは雨ばっかりでしかもあの辺りはとっても寒いぞとも言われました。寒いのはまだいいのですが雨は困りますねぇ。どうしようもありませんけど。

走行距離
413km
買い物
ドリンク A$2.60、ペトロール A$5.60、ドリンク A$1.30、ペトロール A$12.55、キャンプ A$5.50、食糧 A$6.80、夕食+ビール A$15.50、電話 A$5.60
しばし休憩
しばし休憩

あおやぎのさいと2.0ツーリングレポート