オーストラリアツーリング 単走編 7月30日

天候:快晴

今日はわたしの32歳のお誕生日。おめでとー、おれ〜。と自分で自分を祝ってもちょっとむなしいので、朝から国際電話して家族に声で祝ってもらっていました。いよいよ32歳ですか。しかしまさか32歳の誕生日をオーストラリアで迎えることになるとは思ってもみませんでした、ってこれも29歳の誕生日を屋久島で迎えたときに同じ事を思った様な気がしますから、わたしは全然進歩してませんね。

Halls Creekを出発して約100km走った所に、MARY POOLというレストエリアがあったのでここで休憩。しかし、ここはHIGHWAYからレストエリアの間に河が流れていて橋が掛かっていません。例によって堰が造られていて、流れが緩やかになっている所を渡ります。深くもないし流れも急では無いので問題なく渡れるのですが、これってきっと雨期には通れなくなりますよね。で、着いたレストエリアはどうもキャンプエリアにもなっているらしく、30台くらいのキャンピングカーがキャンプをしていました。ここなら料金は払わなくて良さそうですが、しかしシャワーも電源も水道も無いので、不便そうではあります。

そこから更に200km程走った所に FITROY CROSSINGという街があります。今日はHALLS CREEKを出てからここまで約300km街もロードハウスも何も無いのですよね。しかし、ここは着いてみるとロードハウスではなくFITROY RIVER LODGEという宿泊施設でした。ペトロールは売っているのですがテイクアウェイの食べ物が無く、代わりにきちんとしたレストランがあります。うーん、この辺りで簡単なもので昼食にしようと思っていたのだが、あてが外れてしまいました。とっても綺麗でいいところなんですけどね。そう思いながら出発すると、なんとすぐ近くにちゃんとFITROY CROSSINGの街があって、ロードハウスもあるではないですか。先ほどのロッジは街外れにあって、HALLS CREEKから来ると先にそこが目に着くのでした。なーんだ。

それにしても今日は暑い。バイクで走っていても暑いと感じるくらいですからちょっとしたものです。温度計を見てみると25度。朝は結構冷え込んでいたのに。一日の寒暖の差が結構あるようですね。WA州に入って、子午線がどーんと西に移動しましたから、暑さのピークが早く来るようになったというのもあるのかもしれません。これだと、一日の暑くなる時間帯の前に走り終えてしまうという事は出来ませんね。

今日は、ここから更に250km程行ったDerbyという街の近くのロードハウスまで行く予定です。そうです。今日も500kmオーバーを走行する事になります。ほんとはこんなに走る予定ではないのですが、なんせこの辺りではロードハウスが200kmから300kmおきにしかありませんから、その中間で走るのをやめることが出来ないんですよね。レストエリアなどでキャンプを張るのは出来れば避けたいですし。

しかし、200kmくらいで文句を言っていてはいけないかもしれません。この近くを通っているCANNING STOCK ROUTEという道は、なんと1700kmもの全区間の間に一切の補給施設が無いそうです。一応、中間地点にペトロールや水がデポしてあると聞いたこともあるのですが、定かではありません。もちろん全区間がダートで、世界最悪の道というニックネームもあるそうですが、それもうなずけます。当然、こんな道をサポート無しでバイク単独で走り抜けるなんて事は不可能だと思われますが、それをやってのけた人が居ると聞いた事があります。その人は、事前に車で通り抜けて、一定区間ごとに燃料などとデポしておき、後でバイクで走るときにそれを拾いながら行ったそうです。凄いことをするなぁ、と思いましたが、よくよく考えるとこの方法ではバイク単独で走り切ったとは厳密には言えない様な気がします。

ここでちょっと考えてみましょう。燃費を20リットル/kmとすると、1700kmを走るのに85リットルあれば足りる訳です。ちょっと余分目に持っていって100リットルとしましょう。走り抜けるのに4日かかるとすれば、食糧や水も思ったよりたくさんは持って行かなくてよさそうです。ということは、かなりの大荷物になりますがバイクに積載出来なくはないでしょう。ダート走行が可能であればサイドカーを付けてそこに荷物を満載すればいけそうな気がします。もしくは燃料タンクやラックを特注して、重量バランスや形状をきちんと計算したものにすれば、それほど走るのに困難なバイクが出来上がる訳ではなさそうです。どうせ特注するなら、走る人の体格に合わせて設計できますし。もちろん、燃料がギリギリですから、万一の場合に救援をお願いする体制だけは十分に整えておかなければいけませんけど。こう考えると意外といけるのではないでしょうか。誰かやってみません?って誰に問いかけているんでしょうね。ちなみにわたしは絶対にそんなことはしませんんけど(^^)。

走行距離
513km
買い物
アイスクリーム A$1.30、ペトロール A$8.15、ペトロール A$12.35、食糧 A$3.60、ペトロール A$9.90、キャンプ A$6.00、ドリンク A$2.00、夕食+ビール A$15.70

あおやぎのさいと2.0ツーリングレポート