オーストラリアツーリング 共走編 7月25日

天候:快晴

昨日、真っ暗でよく見えなかったMATARANKA温泉を、明るい所で改めて見てみようと一回りする事になりました。海星さんはもう一度温泉に入るかと思ったのに何故か入らず。どうしたんでしょうねぇ。周囲に散策路が作ってあり、ひと歩き。一応、源泉も温泉が流れ込む川も見れました。しかし、昨日も思いましたが、これは熱帯のジャングルの風情です。

MATARANKAはこれでおしまい。今度は、更に北西に100km程走った所にある、KATHERINEの温泉を目指します。午後11時頃、無事にKATHERINEの街に到着。温泉がどこにあるのか分からなかったので、街のインフォメーションで場所調べてLet's go。STUART HIGHWAYから少し西に入った所で、これまた無事に温泉を発見できました。こちらの温泉は源泉からかなり勢い良くお湯が吹き出しており、そのままちょっとした川の流れの様になっています。その途中に少し堰を作ってあり、そこで自由に泳げる様になっています。さっそく水着に着替えてどぶん。うーん、やはりぬるい。周囲の人を見てみても、温泉につかっていると言うよりは、温水プールで泳いでいるかの様です。やはり、日本の様に温泉につかるという文化はこちらにはないようで、どちらかというとお湯が湧いているから冬でも寒くなく泳ぐことが出来るといった扱いの様です。堰の所が少し滝の様になっていて、その下は滝つぼが出来ており少し深くなっています。そして、ここでもお約束の様に滝つぼに飛び込んで遊ぶ子供たち。日本でもオーストラリアでも、子供のすることは似たようなものですね。当たり前か。しかし、KATHERINEの温泉は、お湯こそ湧き出しているものの、硫黄臭は全くしませんし。おそらく温泉ではないのでしょうね。それでも、こちらの国の人にとっては天然の温水プールとしては問題ないので良いのでしょう。

子供に混じってひとしきり遊んで、KATHERINE温泉もおしまい。午後1時頃、いよいよ海星さんともお別れの時間がやってきました。海星さんはここからSTUART HIGHWAYをしばらくもどった後、QLD州を通ってSYDNEYへと戻ります。わたしは、STUART HIGHWAYを北上し続け、DARWINへと向かいます。これから先のお互いの無事を願って握手。そしてバイクのエンジンを掛けて出発。STUART HIGHWAYへ出る交差点の所で、わたしは左折、海星さんは右折。片手を挙げて挨拶を交わして別れました。

さて、ここからは再び独りっきりで走る事になります。元々わたしは一人でツーリングをする人でしたし、2度目の入国からしばらくも一人で走っていたわけなのですが、しばらく二人で居てのお別れはちょっと寂しいものですね。しかし、そうやって感傷にばかりも浸っていられません。今日の目的地DARWINまではまだ300km以上あるのですから。

KATHERINEから90km、そろそろ給油をしようかと立ち寄ったPINE CREEKの街。まあまあ小さな街ですがロードハウスはあるようです。が、実際にロードハウスに行ってみるとなんとペトロールはOut of order。ディーゼルやハイオクもそうでしたから、単に品切れという分けではなく、このロードハウスはペトロールの販売を止めてしまったのでしょうか。それはそれで何らかの事情があったのでしょうが、それなら道路の案内看板にもそのことを書いておいて欲しかった。NT準州内では、ファシリティの案内看板が充実していたのでそれを今まで信用していたのですが、まさか営業内容が変わっている所があったとは。今回はたまたまペトロールはまだ十分にあったので問題ありませんでしたが、もしもぎりぎりの計算で走っていたら大変な事になる所でした。やはり予備のペトロールを積んでおくなど、万一の時の対策は重要ですね。

結局、PINE CREEKから更に30km程行ったところにあるEMERALD SPRINGSで無事に給油。ちなみにこのEMERALD SPRINGSで久しぶりにオフロードのツーリングライダーと出会いました。残念ながらというか日本人ではありませんでしたが。少し話をしましたが、彼も今日はDARWINに向かうようでした。もしかしたら、DARWINでも会えるかもしれませんね。

そして再び走り始めます。DARWINまで残り約200km。が、この辺りから暑さが更に厳しくなってきた様で、バイクで走りながらでもうっすら汗をかくようになってしまいました。一応、走っている時は風が当たりますから、これまではそれほど暑くなる事はなかったのですが。この真冬で気温ですから、さすが赤道近くの熱帯です。すでに緯度も南緯14度を切っています。

そして、ついにやってきました。NT準州の州都、DARWIN。わたしはDARWINはそれほど大きな街ではないだろうと勝手に想像していたのですが、どうしてどうして。これはなかなかの都会です。はっきり言ってALICE SPRINGSなど比べ物になりません。おみそれいたしました。STUART HIGHWAYをCITYへCITYへと走っていると、ついに見えて来ました太平洋!!一応、PORT AUGUSTA付近でインド洋を見ていますから、これにて大陸縦断達成です。おー、ちょっと感動。もう夕方ですからあまり時間がありませんがバイクを降りて少しだけ海を眺めて来ました。

そして、CITYで今晩の宿探し。一応DARWIN CITY YHAにも行ったのですが、やはり満室。せっかく今回はYHAの会員になってきたというのに、これではほとんど意味がないですねぇ。幸い近所にあったバックパッカー宿で泊まれたので良かったですが。ちなみにこのバックパッカー宿は、宿泊代が1泊A$20なのはいいのですが、カギのデポジットがA$20、シーツのデポジットがA$10というのはちょっと高くないですか。デポジットが宿泊代より高いとは。

このバックパッカー宿やYHAがあるMITCHELL STは、どうやらちょっとした繁華街になっているようで夜になっても賑やかです。歩いている人もこれまでの街よりも若い人が多い感じです。単に暑くて薄着の人が多いから若そうに感じるのかもしれません。日本の感覚だと、一定以上の年齢の人って、表ではあまり薄着にならないイメージがありますから。これはちょっと楽しそうかなと思い、今日の夕食は外食をする事に決定。少しぶらついて、1軒のカフェに入る事にしました。

ここではA$11のSpecialメニューがあったのでこれを注文。しかし、ウェイトレスのおねえさんはまだ何か言っています。例によってわたしの英語力では何を言っているのか分かりません。わたしが困っているとおねえさんも困った様子(^^)。しばらく問答していましたがらちがあかず、おねえさん困った挙げ句他のウェイトレスさんに交代。そしてこの人に説明してもらってようやくわたしも理解しました。A$11のメニューは何種類かあるので、その内のどれにするかを聞いていたのでした。なるほど。わたしは一つのメニューだとばっかり思っていました。値段しか見ていなかったという事ですね(^^)。そして頼んだのはステーキバーガー。出てきてみるとかなり量が多い。大きなステーキバーガーだけでも食べるのが大変そうなのに、更にポテトフライとサラダが山盛り載っています。VICTORIA BITTER 2本でなんとか流し込んでなんとか全部食べる事に成功しました。わたしは日本人にしては比較的量を食べる方だと思いますがこれはかなりきつかったです。オージーはこんなとんでもない量の食事を平気で食べるものなのでしょうか。

走行距離
432km
買い物
ペトロール A$16.85、ドリンク A$2.50、バックパッカー宿 A$20.00、夕食+ビール A$20.00、インターネットカフェ A$5.40、ドリンク A$1.40
KATHERINE温泉。子供(大人にも?)には格好の遊び場
KATHERINE温泉。子供(大人にも?)には格好の遊び場
大陸縦断達成〜
大陸縦断達成〜

あおやぎのさいと2.0ツーリングレポート