オーストラリアツーリング 共走編 7月24日

天候:晴れ

今日の目標は、約550km北にあるMATARANKA。ここには海星さんが大好きな温泉があるそうなのです。実は海星さん、今後の日程の事を考えるとTENNANT CREEKからそのまま東へ走ってSYDNEYへと向かおうかとも言っていたのですが、昨日改めてガイドを確認してMATARANKA及びKATHERINEに温泉があることを知ると、やはり行くしか無いと意志が固まったのでした(^^)。

とにかく北へ北へと走ります。今日は大したイベントも無く、ひたすら走り続ける日です。しかし、そんな中でも気になる事はあるもので、一つはわたしのバイクの走行距離が10000kmを越えたこと。5月23日に買ってから約2カ月で10000km越えです。買った当初はこんな重くて大変なバイク、どうなることかと思いましたが、今では随分と慣れてきました。手足の様に馴染んだとまでは言いませんが、すっかりツーリングのいい相棒です。そして、もう一つはHIGHWAYの両脇に非常にたくさんの蟻塚がある事。高さ1メートル程の蟻塚が、それこそ2、3メートル置きに並んでいます。これまでにも何度も蟻塚を見てきましたが、これほどたくさんの蟻塚が密集しているところを見るのは初めてです。全部が全部現役の巣ではないでしょうけど、それにしてもこれだけたくさんの蟻が生きていけるだけの餌が、この辺りにはあるのでしょうか?

7月2日に走り始めて以来、ほとんど毎日寒いなぁと思いながら過ごして来ましたがここにきて、ようやくというかとうとうというか暑くなって来ました。緯度はすでに南緯20度を切っていますから、暑くなって当然の地域に入ってきたと言えるでしょう。温度計を見てみると、昼間の気温が25度位に達していますし、立ち寄ったロードハウスでは、とうとうクーラーが掛かっている所がありました。真冬なのにクーラー。熱帯には季節はあまり関係ないのかもしれませんね。

そして、2日連続で500km越えの走行をして無事にMATARANKAに到着しました。海星さんに追い立てられると、わたしも一生懸命走りますね。MATARANKAの温泉は街から少し離れた所にあるようなので、とりあえず街のスーパーで今夜の食糧を買い出し。ビールもしっかり買い込んでスーパーを出た所で、地元のアボリジニの男性に声を掛けられました。わたしの英語も相当ひどいとは思いますが、彼の英語も結構なものです。発音が良くないのでなかなか聞き取れないのですがどうやら彼もバイクに乗っているらしく、それで親近感を覚えて話し掛けてきたようでした。一応お互いに自己紹介して握手。主に話し相手になっていたのは海星さんでわたしは聞いていただけでして、あまり正確に内容を聞き取れたとは言えないのですが、その中にこんなやり取りがありました。
アボ「どっから来たんだー」
海星「Japanだー」
アボ「JapanというのはNotthern Territoryにあるのかー?」
海星「そうだー」
そうだったのか。我々はNT準州のJapanから来たのですか。海星さんは、彼がNT準州に住んでいると言っていると思って、相づちをうっただけのつもりなのだそうですが、話の流れからしてJapanの場所を確認したのだと思いますよ、わたしは。

そんな事があった後、MATARANKA温泉のあるキャンプ場に到着しました。着いたのが夕方遅くになっていましたので、暗くなる前に夕食を食べてしまおうと早速準備。明日でお別れですので、お互いの今後の無事を祈ってcheers。そして、そくさくと片づけると、水着に着替えていざMATARANKA温泉へ。すっかり暗くなってきたジャングルの中を100メートル程歩いて到着しました。ちょっと小さめのプールといった感じの所に、湯舟が作ってあります。早速入ってみると、湯の温度はちょっと低いめ。かすかに硫黄臭がしますし、これは確かに温泉です。すっかり暗くなって、空は星明かりになってしまいました。星空をバックに、シルエットだけが見える巨大なソテツの林。熱帯は星空も似合いますね。

走行距離
563km
買い物
ペトロール A$17.35、ドリンク A$2.00、ペトロール A$20.45、食糧 A$14.30、ドリンク A$2.00、キャンプ A$8.00、洗濯 A$2.50
夜のMATARANKA温泉
夜のMATARANKA温泉

あおやぎのさいと2.0ツーリングレポート