オーストラリアツーリング 共走編 7月23日

天候:晴れ

今日は頑張って距離を走ろうという事で、珍しく朝8時にALICE SPRINGSを出発しました久しぶりに二人で走る事になります。この前走ったのは、AYERS ROCK RESORTから30km程でしたが、あれはツーリングとはちょっと違いますから、その前と言えば前回の入国時ですから1カ月以上前という事になります。随分と間があいてしまいましたね。

ALICE SPRINGSを出てすぐの所で、TROPIC OF CAPRICORNの標識と碑がありました。これでROCKHAMPTONに続いて2度目の南回帰線越えです。ここから先はいよいよ太陽が真上に来る事がある国です。でも今は冬ですし、まだまだ寒いですけど。

しばらく走ったTI-TREEでポリスの検問。どこに行くんだと聞かれた後、必ずキャラバンパークに泊まれよ、と注意されました。そういえば例のガンマンが事件を起こしたのは、ここから少し先のBARROW CREEKの辺りです。早く犯人が捕まって欲しいものです。

そのBARROW CREEKを過ぎて更に行ったWYCLIFFE WELLで、ありましたありました。久しぶりにかなりキレたロードハウスがありました。今回はUFOネタです。どうやらこの近くで昔UFOが目撃された様なのですが、それをネタにして、UFOとエイリアンの実物大?模型は置いてあるわ、ロードハウスの壁は一面UFOに関するもので埋め尽くされているわ、挙げ句の果てには壁と同じデザインのフォンカードがお土産に売られている始末。いやぁ、こういうロードハウスがあると楽しいですねぇ。

そのUFOロードハウスから北に大して走らない辺りで、道の両脇に丸い岩がごろごろと転がっている所がありました。後で海星さんに聞いてみると、DEVILS MARBLESという所だそうです。そういえばガイドブックでもそういう岩があるというのを読んだ事があるような気がします。そうだったのか。なかなか不思議な光景でした。

更にしばらく行った所、今度はブッシュファイヤーを発見。そのかなり前から黒い煙が上がっているのが見えていましたから、もしかしたらと思ったらやっぱりブッシュファイヤーでした。アボリジニが人為的に範囲を決めて野焼きをすることもあるそうですが、それらしい人は周囲に居ませんし、どうやらこれは火事のようです。結構盛大に燃えています。道路脇の看板に、よく「あらゆる火を見かけたら000に電話を」とありますし、これは連絡をしたほうがいいとは思うのですが…結局しませんでした。電話というのは言葉だけでコミュニケーションしないといけないため身ぶりとか筆談とかが全く使えないので、わたしはまだまだ苦手なのですよね。そんな事ではいけないのですが。しかし、それから先でも、今は燃えていないものの下草が燃えてしまっている所を何度も見かけました。今は乾期ですし、冬で草も枯れてしまっているようですから、よく燃えるのでしょうね。

そして、この日は頑張ってTENNANT CREEKまで走り来りました。距離にして約500km。わたしのオーストラリアでの1日の走行距離としては最高です。海星さんはAYERS ROCK RESORTに行くまでに600km以上走っていたそうですが。今日の夕食はキャンプ場で自炊なのですが、なんとこの日は海星さんの発案で豚肉の生姜焼きです(^^)。生姜焼きが好きな海星さんは、この為にわざわざSYDNEYのスーパーで生姜焼きのたれを買って持ってきていたのでした。こちらで買った豚肉はぶ厚過ぎたので、半分にスライスしてたれを染み込ませ、いざフライパンの上へ。じゅーじゅーと焼いた所で食べてみると、確かに生姜焼きの味です。まさかこんな所まで来てこんなものが食べられるとは。時間が遅かったので明かりのあるキャンプ場のキッチンで焼いていたのですが隣に座っていたオージーが不思議そうな表情でこちらの様子を見ていたのがちょっとおかしいです(^^)。

走行距離
504km
買い物
ペトロール A$18.85、朝食 A$4.40、ドリンク A$2.00、ペトロール A$13.75、キャンプ A$8.00、食糧 A$15.40
どわははは、UFOロードハウス
どわははは、UFOロードハウス
どわはははははははは、エイリアン
どわはははははははは、エイリアン

あおやぎのさいと2.0ツーリングレポート