オーストラリアツーリング 再開編 7月11日

天候:曇り

朝食は、OODNADATTAバーガー。ピンクロードハウスに、「ここに来たら食ってけ」とはり紙がしてあったので、食べていく事にしました。A$7.30とちょっと高めですが出てきて納得。バーガーの上半分と下半分が分かれて更に乗って出てきたのですが、下側には、目玉焼き・ベーコン・ハンバーグ・玉ねぎ、上側にはパイン・ビートルート・トマト、レタス、が乗っています。当然、一つに合わせて食べるなんて事は出来ませんから、皿に乗ったままでナイフとフォークで食べます。ボリュームは満点。これた確かに来たら食べて行った方がいいです。あと、ピンクロードハウスに置いてあるインフォメーションを見て知ったのですが、この近くでMAD MAX3の撮影が行われたそうです。わたしが風景を見てMAD MAXみたいと思ったのは的外れでもなんでもなかったという事ですね。とまあ、ピンクがいまいちなのを除けば全体的に印象の良いピンクロードハウスですが、気を付けてみると賞味期限切れの牛乳が売られていたりと、油断は出来ません。

ところで、この所一つ気になってきている事があります。それはフロントタイヤ。リアタイヤは再出発の時にREDBARONで交換してもらったのでまだまだ問題ないのですが、フロントタイヤは大丈夫かなと思ってそのままにしてきてしまいました。それが、ここに来てそろそろ限界にこようとしています。走行距離にして7000km程ですから、確かにそろそろ無くなってもおかしくはないのですが、これから先PERTHまで約3000km程はとても持ちそうにありません。かといって、どこでタイヤ交換出来るような大きなバイク屋があるか分かりませんし。望みがあるとしたらALICE SPRINGSですが、事前にSYDNEYで電話帳で調べたときにはそれらしいものはありませんでしたし…。どうしたものか困ったものです。

どちらにしろ今日明日にどうこう出来る話ではありませんから、今日は今日で走るしかありません。OODNADATTA TRACKの最後の約200kmの始まりです。最初の内は道が比較的荒れていて、所によっては土が柔らかくなっているようでかなり深い轍が出来ている所もありました。そういう時は轍を避けるために、時には反対車線にまではみ出すこともしばしば。 クリークで路面にまで水が出ている所も何カ所かありましたし。前半の100km程は、これまでで一番荒れているという所でしょうか。こういう路面ですから、スピードも当然押さえ気味に走る事になってしまいます。

それに対して後半はうってかわってフラットな路面に変わりました。ほとんど舗装路を走っているのと変わらないくらい、とまで言うと言い過ぎですが実際とてもフラットです。当然、こういう所ではスピードもそこそこ出せるようになり、結局思ったよりも早い時間帯にOODNADATTA TRACKを走り抜ける事が出来ました。総走行距離約600km、走行日数3日。走り易いダートで、途中にあるロードハウスや施設も結構面白く、楽しめるルートでした。

そして、OODNADATTA TRACKの出口はMARLEの街。が、街と言っても基本的にロードハウスがあるだけ、隣の街まではそれぞれ200km程はある、陸の孤島であることには違いありません。それでも、ここからのSTUART HIGHWAYの舗装路はやっぱりダートに比べて楽です。当たり前ですが楽です。あんまり気を抜いていると危ないのですが、やっぱり楽です。いっきに走って、いよいよNT準州との州境にやってきました。さてここの州境の看板はどんなかなと思ったら、なんとパーキングがあって看板のみとはいえインフォメーションまであるではないですか。さすが、観光で成り立っている?NT準州だけはあります。

そして、今日は州境を越えてすぐにあるKULGERAという所にあるロードハウスに併設されたキャラバンパークで宿泊します。夜はまたしてもロードハウスのパブに出かけたのですがここのパブはいまいち。ってパブ自体が悪いわけではないんですけどね。ビール一杯飲んだだけで、後はTVの天気予報を見て帰ってきました。明日のALICE SPRINGSも晴れだ!問題無し!

走行距離
385km
買い物
朝食 A$9.10、ペトロール A$13.00、昼食 A$5.15、キャンプ A$6.00、ビール A$3.90
ときどき荒れた部分が
ときどき荒れた部分が
OODNADATTA TRACK終点
OODNADATTA TRACK終点
ここからNT準州
ここからNT準州

あおやぎのさいと2.0ツーリングレポート