オーストラリアツーリング 始動編 6月3日

天候:晴れ時々曇り

EMERALDを出発してとりあえずCAPRICORN HIGHWAYを西へ進みます。途中、BOGANTUNGANという小さな集落があったので休憩。CAPRICORN HIGHWAYはほぼ線路と並走しているのですがこの集落には駅があるため、すぐ近くに駅と線路があります。人影は見えませんし、もちろん列車も当面来そうにありませんので、ちょっと嬉しがって線路を歩いてみていると、その姿を海星さんに写真に撮られてしまいました(^^)。

線路散策を終えてバイクを停めている休憩所に戻ってみると、なんとすぐそばにエミューが一羽近づいてくるではありませんか。人に慣れているのか、特に怖がる事もなくすぐ近くをうろうろしているため、1メートルくらいまで近づく事が出来ました。食べるかなと思って試しにパンをやってみると食べる食べる。やはり人里まで出てくるという事は餌が少なくて飢えているのでしょうか。

しばらく更にCAPRICORN HIGHWAYを走ってAplhaで休憩と給油をした後、今度はTAMBOまで100km以上のロングダートに挑戦です。HIGHWAYから分岐して10kmくらいは舗装路が続いていたのですが、そこから先はいよいよダート開始。前回走ったダートに比べて路面に浮いている砂の量が多くなるため、出来るだけ砂の少ない所を選びながらのちょっとしんどい走りとなりました。それでも時々砂の中に突っ込んでしまい、わたしは二度ほど転けかけてしまいました。なんとか転けずには済みましたけど。前回、後ろを走ってわたしの砂煙をさんざん浴びてしまった海星さんは今回率先して前を走っていたのですが、途中一度牛の群れの中に取り込まれてしまって見える事がありました。後で聞いてみると道の右側に居た牛の群れがバイクの音に驚いてよせばいいのに道の横断を始めてしまったそうです。一応海星さんの前を牛の群れは通過したそうですがかなり近いところを走っていったそうなので、もしも体当たりを食らっていたら結構大変な事になっていたでしょうね。

なんとかダートも走り抜け、TAMBOに到着。今日もキャラバンパークでテントを張って泊まります。この日の夜、次の入国時のツーリングについて少し海星さんと話をしたのですが、わたしは二ヶ月か三ヶ月掛けてほぼオーストラリア大陸を一周したいのに対して、海星さんはやはり仕事の都合があってそこまでは付き合えそうにないとの事。そこで、海星さんに付き合ってもらえる最初の内に危険そうなダートルートをこなしてしまい、その先のルートはわたし一人で比較的安全なルートを選びながら走るという事になりました。

走行距離
307km
買い物
チョコレート A$1.40、ペトロール A$17.05、キャンプ A$5.50
廃線跡…ではありません
廃線跡…ではありません

野良エミュー
野良エミュー

しっかり補給
しっかり補給

オージーダート
オージーダート

あおやぎのさいと2.0ツーリングレポート