オーストラリアツーリング 始動編 5月31日

天候:晴れ

キャラバンパークを出発する前に売店で水と食料を買い出ししていると、オーストラリア人のオフロード乗りの人に話しかけられました。彼もわたしと同じTT600Rに乗っているのですが、とても汚い…ではなくて走り込まれたバイクです(^^)。話を来いてみるとオーストラリア大陸の東半分をダート中心に走りまくっているらしく特にCAIRNSから北のYORK半島部分を重点的に走ってきたそうです。これから是非行ってみろと言われたのですが、あの辺りはとても激しいダートばかりなので丁重にお断りして別れました。しかし、オーストラリア人でオフロード乗りに出会ったのはこれが初めてですね。

またしてもBRUCE HIGHWAYを北上し、ようやくROCKHAMPTONへ到着。街のインフォメーションに行ってみると"TROPIC OF CAPRICORN"という看板が掛かっていました。何のことだろうと辞書を調べてみると、なんとこの街を南回帰線が通っているのですね。インフォメーションの前にはそれを示すように巨大な日時計と塔が立っています。今は秋から冬に掛けてですから無理ですが、12月下旬の夏至の日になるとこの塔のてっぺんからの影が垂直に落ちる日が来るというわけです。特に考えずに転進の目的地をROCKHAMPTONに定めてきましたが、こういういいものが通っているとは思ってもみませんでした。

そして、ここから予定通り西へと転進。国道66号のその名もCAPRICORN HIGHWAYを走り始めます。走り初めてすぐに景色が一変した事に気がつきます。これまでは基本的に海沿いのルートを通ってきましたから、気候も比較的温暖で植物も豊かな地域を通ってきました。が、ここからはいわば内陸部。木がまばらになり、地面がむき出しか草が生えているだけのどちらかと言うと荒々しい風景が広がります。また、交通量も激減し、気がつくと見渡す限り他に車が見えないと言う瞬間もあったりします。これまでの国道1号は、距離は長いもののどちらかというと景色は日本でも見れなくはないと言う所が多かった様な気がします。しかし、このCAPRICORN HIGHWAYは明らかに日本では見れない風景。オーストラリアに来た、と実感出来る風景です。

今日は、ROCKHAMPTONから西へ約100km走ったDUARNGAという小さな街の休憩所でテントを張ります。休憩所と言っても以前はキャラバンパークとして運営していたようでキャンプが出来る設備が立派にあります。また、他にもキャンピングカーで来ている人が何組みもいますからその点でも安心出来ます。明日は、ここから少し走った所から始まる、FITZROY DEVEL ROADという、今回のツーリング初めてのダートに突入する予定です。さて、オーストラリアのダートはどんな道でしょうか。あんまり激しいとわたしには走れないので(^^)、やさしいといいのですが。

走行距離
272km
買い物
朝食 A$5.75、絵葉書 A$0.35、アイス A$0.80、ペトロール A$13.75、夕食 A$8.75、ドリンク A$1.80
TROPIC OF CAPRICORN
TROPIC OF CAPRICORN

あおやぎのさいと2.0ツーリングレポート