オーストラリアツーリング 始動編 5月29日

天候:晴れ

今日こそは、ということで再び(日曜も合わせると三度)METRO YAHAMAへ。昨日予約していた事もあり、今日はすんなり点検を依頼出来ました。点検が完了するのは正午頃ということなので、それまでは近所のショッピングセンターに行き買い物をして時間をつぶしていました。もっとも買い物といっても食料ばかりなのですが。SYDNEYにしてもBRISBANEにしても、オーストラリアのバイク屋は市街地からは少し離れた郊外にあることが多いようですが、アクセスの面でもこういった待ち時間の時間つぶしの面でも不便になってしまいますね。

さて正午頃にバイク屋に戻ってみると無事にメンテナンス完了。わたしのTT600Rの折れたブレーキレバーも交換してもらっていたので、折れたレバーの方も返してもらってこれはいざというときの予備にする事にしました。その後このMETRO YAMAHAのRonさんと少し話をしたのですが、彼いわく「日本人なら賀曽利さんを知っているか。彼は友だちだ」だそうです。うーん、賀曽利隆さんであれば世界中どこにでも友人が居ても当然ですが、まさかこちらがその人に出会うことになるとは思ってもみませんでした。

そして、再び北へと進路を取り出発です。ここからは同じ国道1号なのですが、呼び名がPACIFIC HIGHWAYからBRUCE HIGHWAYへと変わります。この日は午後出発にしては頑張ってBRISBANEから約150km走りGYMPIEという街までやってきました。さて今日はどこに泊まるかということで、HIGHWAY沿いのモーテルを品定めしながら走っていたのですが一軒綺麗そうな所があったので、そこに決めてチェックインしました。ちなみにここは確かにすごく綺麗なモーテルだったのですが、それに比例して値段も高め。なんとダブルでA$92もしました。これまでのモーテルの最高価格です。部屋の中のガイドブックを読んで知ったのですが、ここはFLAGSというホテルチェーンなのですが他のホテルはどれも一泊A$200とかA$300のリゾートホテルばかり。ここはそのチェーンのなかでの変わり種のモーテルだったようです。これからはFLAGSのマークを見たら避ける様にしましょう(^^)。

今日の夕食は、海星さんが以前から見かけて気になっていたというRedroosterという ファーストフードへ。ちなみにモーテルからは目の前にあり歩いていくことが出来ます。赤い鳥マークの看板が目印のこのお店ですが、入ってみるとチキン中心のファーストフードチェーン店でした。二人で適当なメニューを頼んでみたのですがA$5.95とそこそこの値段の割りには量はたっぷりでなおかつ味もまあまあ。二人ともお腹いっぱいになることができましたので、これは結構お得なお店を見つけることが出来たというところですね。

走行距離
187km
買い物
バイク整備 A$193.90、昼食 A$10.95、ペトロール A$13.15、モーテル A$46、夕食 A$5.95、ビール A$1.80
METRO YAMAHA
METRO YAMAHA

あおやぎのさいと2.0ツーリングレポート