オーストラリアツーリング 始動編 5月19日

天候:雨後曇り

ホテルを出てREDBARONへ向かう途中、TOWNHALLでシティレールを降りてお買い物。昨日見つけていながら閉店していて入れなかったGOWINGSというショップです。ここではアウトドアグッズも扱っているようですので探してみたら、目的のコンロ用のガスカートリッジと電池式ランタンを無事に買うことが出来ました。

その後シティレールを約1時間乗ってREDBARONのあるLIVERPOOLへやって来ました。REDBARONまでは駅からさらに15分程歩くため、海星さんもわたしも重い荷物で結構へとへとです(^^)。REDBARONでは昨日電話で応対していただいた日本人スタッフのオザワさんという方がおられ、お陰で日本語で交渉する事が出来ました。海星さんもわたしも英語が堪能というわけではありませんので(^^)、正直これは助かりました。特に契約関係の細かな話を英語だけでやるのは大変ですからね。

とりあえずバイクを見せてもらったのですが、やはりここでもオフロードでしかも中古というのはほとんどありません。オフロードであれば競技用車両の方がはるかに多いです。競技用車両は多少魅力的ではありますが、残念ながらこれでは公道を走れません。結局、いろいろ話を聞いて相談して考えて、結論として購入したのは新車のTT600Rになってしまいました(^^)。A$5,000程度を予定していたバイクへの費用がいっきにA$9,000にジャンプアップ。いきなり大きな予定外です。ちなみに海星さんは同じく新車のXT250を購入しました。なんで新車にしたかというと、いろいろ理由はありますが一番の決め手はやはりほかに選択肢が無いという事ですね。これは正直意外でした。事前に日本から情報を集めたときは、オーストラリアはバイクも盛んな国だから、現地に来て何件ものショップを回って条件の良さそうな中古を見比べて買うのが良いという事だったのですが、少なくともわたし達にはこれは当てはまりませんでした。バイクショップは見比べられる程の密度ではSYDNEYには存在しませんし、バイクショップにはオンロードはともかくオフロードの中古在庫はほとんどありません。もしも今回の様に余裕のあるスケジュールで来れない場合は、日本から手配できるレンタルバイクを利用するのが良さそうに思います。

さてバイクを手配できたのでとりあえずSYDNEY CITYへ戻ることにしました。バイクには更にオプションでキャリアとビックタンクを手配しましたので、これらのパーツが手配出来るスケジュールが確認出来てから次に来店することにしました。また、お店の厚意で重いツーリング荷物を次の来店まで預かって貰えることになり、とても身軽になって行動できるようになりました。

SYDNEY中心街のCITYに戻って今日の宿探し。海星さんが調べてきた日本人が多く立ち寄ると言うバックパッカー向けの宿を探そうとしたのですが、中心部の地図に載っておらず場所が分かりません。時間も夜7時と遅くなってきたのでそちらは諦めてSYDNEY CENTRAL YHAに泊まることにしました。こちらはシティレールのCENTRAL駅からすぐという良い立地にある上に、チェックインは夜の11時までOKという便利さでした。部屋もツインがあって安心ですしわりと綺麗でなかなかいい感じです。

買い物
シティレール(KINGSCROSS-TOWNHALL) A$2.40、ガスカートリッジ A$5.95、ランタン(半額負担) A$12.45、シティレール(TOWNHALL-LIVERPOOL) A$4.80、バイク手付金 A$500.00、ピザ A$2.50、シティレール(LIVERPOOL-CENTRAL) A$4.00、YHA(2泊) A$79、夕食 A$11.80、お菓子 A$3.80、ドリンク A$1.30

あおやぎのさいと2.0ツーリングレポート