投資としてのギャンブル考察

はじめに

ふと思い立ち、ギャンブルを投資として簡単に比較検討してみました。あくまでも投資として捕らえていますので、そのギャンブルの持つ文化的側面やレジャー性などは一切無視しています。競馬はドラマであるとか、パチンコでフィーバーしたときの快感などは、ここでは取り上げません。そもそも、私自身これらのギャンブルを一切やった事がない人間なものでして、ここで書く事も机上の空論であることは否めません。そもそも、あんまり細かいデータを取ってませんので、比較になっているかどうかも怪しかったりします。その辺を差し引いてお読みください。

あと、当たり前の話ですが、ギャンブルには胴元が居ますので、全体では絶対にマイナスサムゲームになります。胴元を入れないさしの勝負は日本では違法です。つまり、ギャンブルでお金を儲ける事は原理的には不可能です。もちろん偏りがありますから、ギャンブルで儲けている人もいるわけですが、それはごく一部の例外の方だと私は思っています。ギャンブルで儲けるには胴元になるのが一番確実ですが、日本では個人が胴元になる事は出来ません。

ギャンブルの種類

違法なものや外国で行うものは除外して、日本で公式に行われているギャンブルといえば次のものになります。

レース系 競馬、競輪、競艇、オートレース
パチンコ系 パチンコ、パチスロ
くじ系 宝くじ、toto、ロト6、ナンバーズ

リターン

まず各ギャンブルの平均リターン(期待値)を比較してみます。本当はここでいろんな資料を使って厳密な計算をするといいんですが、めんどくさいのでやりません(^^)。ネットを検索すればあちこちで計算されている方が居られますので、そちらをご覧下さい。んで、ざっくりと調べた各ギャンブルの平均リターンは大体次の通りです。

種類 平均リターン
レース系 約75%
パチンコ系 約90%
くじ系 約50%

これを見て「ではパチンコが一番有利だ」と思うのは間違いです。冒頭で書きました通り、どんなギャンブルもマイナスサムゲームですから平均的には儲けることは出来ません。期待値が高いというのは、単に種銭が尽きるまでに時間が掛かるだけの話です。

また、くじ系のうち賞金繰越のあるものについては期待値が上がるという考え方もあると思います。しかし、繰越額が増えると購入者も増えるでしょうから、結局期待値に大きな変化はでないのではないかと私は想像しています。この辺は、データで検証してみると面白いかもしれませんね。

次に、各ギャンブルの最大リターンとその発生頻度を比較します。

種類 最大リターン 発生頻度
レース系 10,000倍 全国で年に数人
パチンコ系 数十倍 個人で年に数回?
くじ系 666,666倍 全国で年に100人程度

あんまりまともな比較になってませんが、まあ傾向くらいはわかるんじゃないでしょうか。もっとも有利と思われたパチンコですが、最も儲かっても大した割合ではありません。それに対してレース系は結構な儲けになる可能性がありますし、くじ系はもっと大きな儲けの可能性があります。それでいて、レースで100万馬券が出たらそれだけでニュースになりますが、それ以上のリターンが出るくじ系では当選した事はニュースにもならない当たり前の事です。

コスト

各ギャンブルで掛かるコストを、お金と時間でそれぞれ比較してみます。

種類 金銭コスト 時間コスト
レース系 100円?。通常は数千円? 投票券購入+レースの分析
パチンコ系 100円?。通常は1万円? 1時間程度から一日中まで
くじ系 300円?。通常は3000円? くじ購入

これもあんまりまともな比較になってませんね。ごめんなさい。ただ、傾向としてはパチンコ系が金銭、時間共に高コストになっています。くじ系は、ナンバーズやロトなど自分で番号を決められるものについては分析をする人も居ますが、全体としては少数だと判断して時間コストの中には入れませんでした。また、あたりくじの傾向を分析する事は実際には何の意味もありません。一等がよく出る売り場も意味がありません。

結論

これまで見てきた中で、私なりの投資としてのギャンブルの結論はくじ系はやる価値があるという事になります。

もちろん、ギャンブルはマイナスサムゲームですから平均的には損をします。ただし、運良く利益を上げられる可能性があることも事実です。最も利益を上げやすいのはパチンコ系ですが、コストが他に比べて非常に高いです。また儲かった時の最大リターンも他に比べて非常に低いです。レース系は最大リターンはパチンコよりは良いですが、ちょっと贅沢が出来る程度の金額でしかありません。それでいて確率は非常に低いです。くじ系は、最大リターンは人生が変る程の額であり、しかもそれが毎年数十人に確実に起こっています。

私なりのお勧めは、無くなっても気にならない程度の少額でくじを買って、外れても気にしないという方法になります。これで万一にでもくじに当れば大ラッキーです。

宝くじサークルは儲かるか

おまけとして、宝くじサークルについて簡単に。

職場などで宝くじを共同購入することによって当選確率を上げようというサークルをよく見かけます。確かにくじをたくさん買えば当選確率は上がります。しかし、期待値は全く変りません。極端な話、すべてのくじを買い占めれば1等も前後賞も確実に当選しますが、利益は出ません。つまり、宝くじサークルは儲けるという意味では全く無駄な事をしているわけです。ただ、宝くじに当選してみたいというのが目的であれば、意味はあると思います。

宝くじの良い点は、むしろ逆ではないかと思います。つまり、1枚のくじでも1等当選の確率があるわけですから、少ない枚数のみ購入してレバレッジ(と呼んでいいのかどうかちょっと疑問ですが)を大きく取る事だと思います。


マネーゲームあおやぎのさいと2.0