リフォーム済み中古マンションにはご注意を

2014/2/11作成

中古マンションの購入を検討していると、リフォーム済み物件を見かけることがあると思います。中古マンションを購入される場合、リフォームしてから入居することを考えている方も多いと思います。ですが、リフォーム済み物件は注意が必要だと思いますので、以下少し書いてみます。

まずリフォーム済み物件はお得でもなんでもないということ。一見、自分でリフォーム費用を支払わなくて済むのでお得なように感じますが、売主が無償でリフォームしてくれているわけではありません。単純に売り出し価格にリフォーム代金が上乗せされているだけのことです。ですので、支払先が変わるだけで自分でリフォーム費用を負担していることにはかわりはありません。リフォーム済み物件はお得というわけではありません。

次にリフォーム済みだと、リフォーム仕様を自分で決められないというデメリットもあります。壁紙が張替え済みの場合、自分の好みの柄ではなかったら、また壁紙を張り替えなければなりません。バスやトイレなどの水周りもリフォームの定番ですが、もっと高いグレードの機器にしたかったのにということもあるかもしれません。売主の行ったリフォームが自分の望むものと合致していれば問題ありませんが、そうでない場合もあるということです。

些細な問題ですが、リフォーム済み物件だと部屋の中が一見して綺麗に見えるということも問題ではあります。新築マンションでモデルルームを見学して綺麗さに目がくらんで、ついふらふらと契約してしまったというような話ですね。それよりは、まだ売主が住んでいるうちに内見できる機会があれば、住まうイメージが具体的になって分かりやすいように思います。

最後に気をつけないといけないのは、リフォームによってその住戸の問題点が隠されてしまう場合があるということです。中古マンションでは売主が何年も住み続けてきたわけですから、その住まいの履歴が部屋の中に現れます。しかし、リフォームによってそれが隠されてしまうかもしれません。例えば、換気が悪くて結露して壁がカビだらけだったとしても、壁紙を綺麗に張り替えられてしまうと分からなくなってしまいます。購入して住み始めて、初めて結露とカビに気が付くというわけです。

以上、リフォーム済み中古マンションを購入する場合の注意点を挙げてみました。リフォーム済み中古マンションを購入する場合は、これらの点に注意してみるといいのではないかと思います。


あおやぎのさいと2.0 マンション談義