住居費を安くする方法

2009/5/7作成

情報商材のようなタイトルで申し訳ありません。で、重ねて申し訳ないのは、実は内容も情報商材みたいな内容なんです。ただ、情報商材と違うのは無償で公開するという事ですけれど。

んで、本題で住居費を安くする方法。これは賃貸でも分譲でも使える方法です。それは、一つの住まいに出来るだけ長く住む事。逆に言えば、引っ越しを 出来るだけ少なくする事です。なぜなら、引っ越しを行うにあたっては非常に多額のお金が掛かるので、引っ越しの回数を減らせば人生におけるトータルの住居費をそれだけ安くする事が出来るというわけです。

引っ越しするにあたって必要な費用は何でしょう。もちろん、荷物を運ぶための引っ越し代が必要ですね。単身者ならともかく、家族で引っ越しとなると それだけでも十万以上は掛かるでしょうか。それ以外にも、引っ越しにあたっては意外に費用がかかります。引っ越し前と後では間取りなどが違いますから、家具などの家財道具の一部は買い替えが必要ですし、不要になった家財道具は処分料が掛かります。

まだあります。賃貸なら敷金・礼金の類いが掛かりますし、不動産屋への仲介手数料も掛かります。引っ越しの挨拶にも手ぶらでは行けませんし、知人に転居の連絡をするのにもハガキ代が掛かります。

直接的な費用ではありませんが、電気・水道・ガス・電話などの契約と解約手続きを行わないといけませんし、銀行口座や免許証を始めとしてあちこちに住所変更の手続きを行わないといけないところがあります。これらの手間もコストとして考えると相当なものです。

1回の引っ越しをするにこれだけのコストが掛かるわけです。何度も引っ越しを繰り返すと、積もり積もって大変な額になってしまうでしょう。ですので、出来るだけ引っ越しをしないで済むように、長く住める住まいを選ぶというのが重要だと思うわけです。


あおやぎのさいと2.0 マンション談義