管理組合と管理会社

2003/6/9作成

意外と管理組合と管理会社の違いを理解していないマンション住民って多いそうです。実際、自分もマンションを買うまではきちんと理解していませんでした。そこで、自分なりに改めて両者の解説とよくあるらしい勘違いを説明してみます。

管理組合は、区分所有法に従って区分所有者全員で自動的に結成される団体です。区分所有者である限り脱退することは出来ませんし、マンションが存在する限り管理組合を解散することは出来ません。「めんどくさいから管理組合には加入していない」とか「うちのマンションには管理組合は無い」なんてことは有り得ないという事です。

管理組合はマンションを管理する役割があります。しかし、区分所有者が必ずしもマンション管理の専門知識を持っているわけではありませんし、管理業務を交代で行えるほど時間の余裕があるわけではありません。そこで管理業務を外部に委託するのが管理会社なのです。管理会社と管理組合理事会は共同でマンション管理に当っていますが、管理会社は管理組合員ではありませんし、理事長は管理会社の社員でもありません。両者は協力関係にあるとはいえ、基本的に別個の存在です。

管理費や修繕積立金を滞納する人が居ます。収入が減って生活に困ってと言うのなら同情の余地はありますが(だからと言って滞納して良いわけではない)、払うのがもったいないとか管理組合に入ってないからとか(それ自体が勘違いなのですが)の理由で払わないのは理由になっていない。掲示板で見かけた例では「管理会社が気に食わないから嫌がらせで管理費を滞納している」なんて人が居ましたが、筋違いも甚だしいし、管理費を滞納しても管理会社にとってはなんの痛手にもなりません。管理費も修繕積立金も、管理会社ではなく理事会でもなく管理組合の資産です。言い換えれば区分所有者つまりは自分のお金なわけです。そう考えれば、滞納するのは間違っていると分かるでしょう。それに、管理費や修繕積立金の使い方も、自分のお金なんだからもっと気にしてもいいですよね。


あおやぎのさいと2.0 マンション談義