続・住宅は購入が得か賃貸が得か

2004/10/20作成

住宅は購入が得か賃貸が得かの続編です。

結論から言うと購入がお得です。なぜなら、同じ物件があって購入する場合と賃貸する場合を考えます。賃貸の場合は大家さんの利益や居住者変更時の現状復帰費用、空家リスクヘッジ分などが上乗せして払わなければならないからです。よって購入が得。(実際には賃貸物件と分譲物件は同じ物件ではないので、この論はそのまま成り立つわけではありません)

振り返ってみれば地価が毎年上がりつづけて「今買わなければ一生家など買えない」とみんなが購入に走ったバブル時代というのはそれほど昔の事ではありません。今は、どこで見ても「バブル=悪」「バブル=もうあり得ない」という論調ですが、果たしてそうなんでしょうか。バブルの発生もバブルの崩壊もその後のデフレも、事前に予測した論調は主流ではなかったですよね。なのに何故バブルはもうあり得ないという論調だけは正確に未来を予測していると言えるのでしょうか。また、バブルほどではなくてもインフレが発生する可能性は十分にあります。インフレが起これば当然に家賃も値上がりしますので、賃貸派は家賃上昇リスクを抱えている事になります。まさか、賃貸派の人々は永遠にデフレが続くと予想しているわけではありませんよね。

「家を持つ事によるリスク」は散々言われていますが、では「家を持たない事によるリスク」というのはないのでしょうか。庶民にとって、数千万円というのは普通は全財産です。家を持つと言う事は全財産を不動産に一点張りしているわけですから、当然にリスクは高くなるでしょう。では家を持たない人は、不動産以外の資産に一点張りしているわけですよね。それもリスクではないのでしょうか。

以上、いろいろ書いてみましたが、どれも屁理屈なのは私にも分かっています。自分が絶対に正しいなんて思っていません。なんでこんな事を書いたかと言うと、最近とあるサイトで「今時マンションを買うバカ」という意見を見かけました。まあ、それ自体はどこででも見かける意見ではあります。ただ、これを見たときに「では、マンションを買う人は本当にそんなにバカなのか。マンションを買わない人はそんなに利口なのか」という疑問を持ったので、少し屁理屈をこねてみました。


あおやぎのさいと2.0 マンション談義