いよいよ決めた(3):決め手

仮審査を申し込んで数日したら、審査OKという連絡があまぬまさんからありました。また、希望する部屋を事前に申し込んでいた人のローン審査がNGだった事の連絡もありました(^^)。これで購入するに当っての問題はとりあえずなくなった事になります。

正直、ここまではまだマンションを購入する実感が無かったのですが、細かいことも含めて考えてみると、このマンションで良いのではないかと思えてきました。

まず立地の面では、希望の"駅から5分以内"ではありませんが公称6分です。実際に歩いてみても十分通える距離です。足立区ですから一応東京23区内です。マンションの前は道路ですが、ここは旧道ですぐ近くに新しい幹線道路が走っているので、それほど交通量は多くありません。すぐ近くにショッピングセンターがあり、買い物は便利です。電車に乗ったら都心までは30分程で出れますので、この点も便利です。みかんの希望の川の近くは、荒川があるもののちょっと遠いですね。

広さは67平米ですから一般に言われる70平米には届きませんが、当面みかんと二人で住むのですから十分すぎる広さです。間取りはいわゆる田の字プランをぎゅっと押しつぶして正方形にしたような形です。廊下が短くなって、専有面積の割には各部屋にゆとりがあります。キッチンは独立型で、こちらもみかんの希望にあっています。キッチンへはリビングと廊下側と2箇所から出入りでき、これも便利そうです。実際、住んでみても便利です。

設備の点では、床暖房、浴室乾燥機、アウトフレーム工法、1418サイズのバス、オートロック、宅配ボックスなどがありますが、これは今時の新築マンションではどれも当たり前に付いているのでさして珍しいものではありません。宅配ボックスはみかんが希望していましたね。給水は屋上タンクではなく増圧直結給水なのはちょっといいです。屋上タンクは不潔になるとよく言いますからね。

管理の面では、住戸タイプがほぼ全て3LDKなのがいいです。よくあるのがワンルームタイプからメゾネットまでさまざまなタイプの住戸が取り揃えてあるマンションですが、こういう場合住民の生活パターンや金銭感覚がばらばらで管理上トラブルになりやすいと聞いた事があります。駐車場は65戸に対して 16と少ないですが、都会に住むのですから車の必要性はほとんどありません。実際わたしは車持ってないです。一方、駐輪場は200%用意されているので、駐輪場があふれる心配はそれほどなさそうです。また、わたしの趣味のバイクを置く、専用のバイク置き場があるのは嬉しいです。

バルコニーは奥行き2メートルと、このクラスのマンションにしては広めです。リビングが横長にバルコニーに接していて窓が広いため、リビングはかなり明るいです。景色も、ここからだとかなり見渡せる上に、天気がいい日には富士山まで見通す事が出来ます。夏には荒川河川敷で行われる花火大会も間近で見る事が出来るそうです。

一方、気になる点が無いわけではありません。最大の問題は、売主、施工会社ともバブルの後遺症で今にも倒産しそうな事。共に巨額の債権放棄を受けておきながら、売主は株価が額面ぎりぎり、施工会社に至っては額面の半分という惨状です。購入してから倒産されたらどうしようという心配はある事はあります。まあ、倒産しても会社が解散する事は少なく、再建されるか吸収されるでしょうから、リスクは実際にはそれほど高くはないだろうと思われます。また12 階という階数も気になります。この高さだと通常のはしご車は届かない為、各部屋にスプリンクラーが設置されています。非常階段が2ヶ所あるのですが、その 2ヶ所が非常に近接していて、2ヶ所ある意味があまり無いのもちょっといやですね。

そんなこんなでいろいろと検討した結果、このマンションを購入する事にしました。決め手は、実はありません。飛びぬけて良い点があって決め手になったわけではなく、気に入った点がたくさんあり、気に入らない点も致命的では無かったという事です。


あおやぎのさいと2.0 マンション談義